美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

こんにゃく〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

こんにゃく美容と栄養〜


こんにゃくとは、サトイモ科の多年草。インドシナ原産。
多くは、この植物の地下茎を粉にして水を加えて練り、
石灰を加えて固めた食品をさす。

こんにゃく100g中には、カルシウム/43mg、カリウム/60mg、
食物繊維/2.2mgがふくまれます。

こんにゃくには、便秘の改善、大腸がん、
糖尿病の予防、ダイエット、コレステロールの
軽減などの効果があります。

栄養価はほとんどないですが、
グルコマンナンという体内で消化されない食物繊維が
含まれているので、腸の働きが活発になります。


<美白効果>

こんにゃくの原料である「こんにゃく芋」には、
お肌のうるおいを保つ成分である「セラミド」が
たくさん含まれています。

この「セラミド」は、メラニン色素を抑えるために
美白効果も期待されている成分です。
これが不足するとアトピー性皮膚炎や
乾燥性敏感肌を引き起こすこともあります。

最近では、こんにゃく芋からとれる「セラミド」は、
食品をはじめ化粧品等広い範囲で実用化がすすんでいます。
生芋こんにゃくを食べて、素肌美人になりましょう。

コンドロイチン〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

コンドロイチン美容と栄養〜


ココンドロイチンは身体の中にある“ムコ多糖類”という
物質です。

コンドロイチンは、ネバネバした粘着物質である
「ムコ多糖類」の主要な構成成分のひとつで、
グルコサミノグルカンが生成分です。

コンドロイチンという言葉はギリシャ語で
「軟骨のもと」という意味です。

動物の細胞、繊維、臓器などを結びつけ、
それらの支持、保護、栄養補給の役目を
果たしている結合組織です。

体内での合成は成長期に限られているため、
一般的に加齢に伴い、欠乏していくと考えられます。

コンドロイチンは、哺乳類や魚類の軟骨から
抽出・精製して得られているのがほとんどですが、
ごく稀に豚の気管軟骨やサケの軟骨を原料としたもの、
フカヒレの軟骨などもあります。

コンドロイチンやグルコサミンが
加齢とともに不足すると、関節部をつなぐ軟骨が
破壊され、関節炎を引き起こします。

市販のコンドロイチンは鮫や牛の軟骨を
原料として使用しているのが多いです。


<効果>

美肌効果(皮膚の保水力や弾力性を増す)
・関節通・神経痛緩和
・骨粗鬆症予防(カルシウムの代謝にかかわって骨の成長を促す)
・目の角膜や水晶体の透明度維持、関節の円滑な動き、じん帯の維持
・動脈硬化・高血圧予防(血中のコレステロールや過酸化脂質の除去に働く)
・細胞増殖促進(精子の数をふやすと言われている)



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。