美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

コバルト〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

コバルト美容と栄養〜


コバルトは、ビタミンB12の構成成分です。

コバルトは赤血球細胞に不可欠なミネラルで
貧血を防ぐ働きがあります。

コバルトの働きは、ほとんどビタミンB12の働きで、
造血機能を高める(赤血球の核酸の生成に関与している)ので、
悪性貧血を予防します。

コバルトを含むビタミンB12は、動物性食品に
存在する特殊な微生物によってしか合成されないので、
野菜とごはんだけというような、
厳格な菜食主義者は注意が必要です。

コバルトが不足すると、悪性貧血症、舌炎、食欲不振、消化不良、
手足のしびれ、神経過敏、動悸、筋力低下などの症状があらわれる。

逆に過剰摂取した場合は、脊髄過形成多血球症、甲状腺肥大、
悪性貧血、動悸、筋力低下などの症状があらわれる。


<コバルトを含む食べ物>

肉、レバー、牛乳、かき、はまぐり、

あさりなどに含まれビタミンB12の形で摂取されます。


【性質】

ビタミンB12を作る成分として体内に広く分布しています。
またコバルトは、鉄より酸化されにくく、
酸やアルカリにも強い特質もあります。


コチニール〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

コチニール美容と栄養〜


コチニールは中南米産のサボテンに
寄生するコチニール虫(エンジムシ)の雌から
得られる鮮やかな紅色の色素のことです。

絵の具・染料・化粧品・食品と幅広く用いられています。

コチニール色素を含んだ代表的な食品は、
ジャムやトマト加工品、キャンディ、飲料水、
ゼリー、冷菓、飲料、あん類などです。

コチニール色素の歴史は非常に古く、
古来インカ帝国の時代よりこの色素を
洋服や装飾品の着色に使用されてきたといいます。

カンパリ酒の着色にも古くから使用されてきました。

【食品への表示例】

コチニール色素、カルミン酸色素、
着色料(カルミン酸)、着色料( コチニール)

【色素のpH変化】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。