美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

紅茶〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

紅茶美容と栄養〜


紅茶は、茶の葉を完全発酵させた強発酵(全発酵)茶です。

ちなみに茶葉を全く醗酵させないものが緑茶で、
ある程度発酵させたものが烏龍茶です。

これを更に発酵させたものが紅茶になります。

<紅茶>は全発酵されたお茶です。

その紅茶が出来あがるまでの製造は大きく5つの工程
(萎凋 揉捻 発酵 乾燥 選別)にわけられます。

<緑茶>は発酵していないお茶です。
葉は酵素を非活性化する為に蒸され
粗揉・揉捻・乾燥・選別 されます。

<烏龍茶>は半発酵されたお茶です。
日干発酵、室内発酵、釜炒り、乾燥の段階に分けられます。


発酵が進むにしたがって、カテキン類が
減ったり酸化されて渋みや苦味が弱まり、
甘味が出てきます。

紅茶では茶葉に含まれているカテキンは
醗酵過程で紅茶ポリフェノールと
呼ばれるテアフラビンに変化します。

テアフラビンは紅茶の赤味の色素であるとともに、
強力な抗酸化作用を発揮します。

<成分>
●アミノ酸
茶葉に含まれる窒素化合物のうち、水溶性のアミノ酸は
紅茶液に溶け出して、滋味(うま味)を付与します。

しかし、緑茶に比べてその含有量は少なく、
緑茶がアミノ酸のうま味と言われるのに対し、
紅茶はタンニンの味といわれる所以です。



●タンニン
紅茶の水色と味(渋味、滋味、コク)に最も関係があり、
タンニンの多い紅茶ほど良品質とされています。


●フッ素
微量ながら紅茶に含まれ、湯によく溶けだします。
歯の健康を保ち、虫歯を予防する働きがあります。


●カフェイン
紅茶のコクや味の深みを増すものと考えられています。

* 紅茶とコーヒーのカフェイン含有量は、
茶葉と挽き豆で比較すれば100g中2.8g対2.2gと
紅茶のカフェインが多いのですが、
浸出液ではコーヒーの方が多くなります。


酵素〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

酵素美容と栄養〜


酵素 (enzyme)は、細胞内で作られ、
生体内の化学反応の触媒として働きます。

たんぱく質を主体とする高分子化合物です。

酸化還元酵素・転移酵素・加水分解酵素・脱離酵素・
異性化酵素・合成酵素に大別され、
それぞれ特定の反応だけに働きます。

また、熱や特定の化学物質により不活性化します。

現在、働きが知られている酵素の種類は
約4,000種類あるといわれます。


美容を目的としている方ににも酵素は大いに関係あり。>

お肌というと、外側からのお手入れにウェイトをおきがちですが、
それ以上に体の中からのお手入れも重要なカギを握っています。

お肌は常に新しいものに生まれ変わろうと、
新陳代謝を繰り返しています。

この新陳代謝の良し悪しは体内酵素の活動具合と比例しており、
元気に酵素が働いていればお肌の調子も良いのですが、
元気が無ければくすみがちなお肌になってしまいます。

化粧水や乳液をつけるように、
酵素を積極的に摂り美しいお肌を手に入れてほしいものです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。