美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

玄米胚芽油〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

玄米胚芽油美容と栄養〜


玄米胚芽油とは、玄米の芽が出る部分=胚芽から抽出される油脂のこと。

玄米の胚芽に含まれる豊富なビタミンB群やビタミンEをそのまま含み、
非常に栄養素が豊富である。

玄米や発芽玄米と同様に、疲労回復や動脈硬化の予防に
効果があるとされています。

玄米胚芽油は、玄米や発芽玄米と同様に、
疲労回復や動脈硬化の予防に効果があるとされている。


また「γ-オリザノール」という含有成分は、
更年期障害による自律神経の変調によって起こる頭痛や腰痛、
倦怠感、のぼせ、めまい、肩こりなどに効果的だといわれます。

<効果・作用>

・間脳視床下部機能の老化阻止作用
(自律神経の中枢に当たる間脳の機能低下を防ぐ)
・精線刺激作用
(性中枢の衰えを改善する)
・成長促進作用
・体内コレステロールの低減作用
・末梢血幹および皮膚の血流改善作用


玄米〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

玄米美容と栄養〜


玄米は稲の一番外側の米の籾殻(もみがら)だけを
除去したものです。

玄米からぬかを除き、胚芽を80%以上残したものを
胚芽精米といいます。

米の栄養は外皮、ぬか、胚芽に多く含まれているため、
精米が進むにしたがって栄養価は下がってしまいます。

米の栄養価のほとんどは、外皮、ぬか、胚芽にあります。

玄米は特にビタミンB1は精白米の4倍以上もあります。

食物繊維は5倍、カルシウムは2.5倍、ビタミンB2は2倍と
言うことです。

外皮に多いフィチン酸は有害物質を体外に出す働きがあると
言われています

外皮に多いフィチン酸は抗酸化作用があり有害物質を
体外に出す働きがあると言われています。

玄米100g中には、食物繊維/3.4mg、カリウム/250mg、
リン/300mg、ビタミンB1/0.54mg、ビタミンE/1.6mgなどが
含まれています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。