美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ゲルマニウム〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ゲルマニウム美容と栄養〜


ゲルマニウムには『無機ゲルマニウム』と
『有機ゲルマニウム』の2種類があります。

ゲルマニウムは金属と非金属の中間に位置する半導体元素で、
元素記号は「Ge」です。

1950年代以降、有機ゲルマニウムの研究が進み、
植物に多く含まれることが確認されました。

現在では、健康食品の素材としても注目を集めています

無機ゲルマニウムは、人体に対して毒性を持っています。

それに対して、ガンをはじめとするさまざまな
病気に有効であるとされるのが有機ゲルマニウムです。

有機ゲルマニウムは、酸素が多く含まれていて、
体内に入ることによって、汚染物資や毒素を無毒化したり、
追い出したりします。

水素イオンと酸素が結合して、
汗や尿に混じり対外へ排出されます。

有機ゲルマニウムには、活性酸素を攻撃し、
安全な化合物に変える性質や血管の働きを
正常にする力があること、また、水に溶けると
イオン化してマイナスイオンとなることもわかっています。

また、免疫の働きを活性化したり、
インターフェロンの生産を促してウイルスの増殖を
抑える作用があります。

サルノコシカケ・朝鮮人参、にんにく・ハチミツ・アロエなど
漢方薬の原料となる植物に多く含まれています。


【効能・効果】

体内の酸素を豊富にする。
ガンに立ち向かうインターフェロンを誘起する。
患部・生体内の電位変動をおさえる。
疲労・老化原因を排除し、細胞を若返らせる。
酸性体質・過酸化皮質体質を改善する。


ケルセチン〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ケルセチン美容と栄養〜


ケルセチン(クエルセチン)は、ヨーロッパでかなり
研究の進められている主に柑橘類から採れるフラボノイドです。


ケルセチンは、別名ビタミンPと呼ばれます。

フラボノイドの中でもフラボノールに
分類されるポリフェノール化合物の一種です。

柑橘類やリンゴ、緑茶やタマネギに含まれていて、
ビタミンCの吸収を助ける役割をします。

脂肪吸収を抑制したり、強い抗酸化作用、
抗ガン作用を持っています。

また花粉症の炎症を抑えたり、
アレルギーを抑制する作用があります。

食品の中では配糖体として存在しており、
その中ではルチンが有名です。


<ケルセチンの効果・効能>

柑橘類やリンゴ、緑茶やタマネギに含まれていて、
ビタミンCの吸収を助ける役割がある。

脂肪吸収を抑制したり、強い抗酸化作用、
抗ガン作用も持っている。

他にも、花粉症の炎症を抑える効果や
アレルギーを抑制する作用がある。

通常、食品の中では配当体として存在しており、
その中ではルチンが有名である。


<ケルセチンを多く含む食品>

ケルセチンやルチンを多く含む食品としては、
だったん蕎麦が有名。

ルチンとケルセチンは、生活習慣病の予防効果、
活性酸素除去効果、色素抑制効果等、様々な薬理作用を
発揮する事が実証されている。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。