美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

クレアチン〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

クレアチン美容と栄養〜


クレアチンとは、アルギニン、メチオニン、グリシンなどの
アミノ酸から構成されるリン酸で、
赤身の肉や魚に多く含まれている物質。

95%が筋肉のなかに存在しています。

瞬発力を必要とする時ののエネルギー源となるATP
(アデノシン3リン酸)を生み出し、筋肉内の老廃物、
水素イオン(酸化物質)を掃除してくれ、筋肉疲労の原因である
乳酸の生成を抑えることがわかっています。

筋肉の中にはクレアチンリン酸と呼ばれるエネルギーを
貯めた窒素化合物が含まれていますが、
これが酵素の働きによってクレアチンに
分解されるときエネルギーを放出し、
そのエネルギーを使って筋肉は動きます。

クレアチンを飲むことによって、
体内のクレアチンリン酸の濃度が高まります。

これにより、クレアチンリン酸の働きである、
ATP再合成を効果的に行なうことができます。


<クレアチンの特徴・効果・効能>

クレアチンは運動時における瞬発力に大きな効果を生む。

クレアチンは、トップアスリートの間でも非常に注目されている。

また、すばやく疲労回復ができるという点でも、
スポーツ界からの注目は大きい。

短距離走競技や距離の短いロードレースには効果的。


<クレアチンの副作用>

研究はまだ十分ではない。多量のクレアチンを摂取すると、
分解産物であるクレアニチンの血しょう中の濃度が増大し、
結果的に尿量が増加して腎臓や心臓に負担をかけると思われる。

実際、クレアチンを常用していた選手が腎機能障害を
起こしたという報告や、心不全で死亡したという
報告も出てきている。

クレアチンは、肉や魚にも十分量(100g当たり約200mg)
含まれていることを認識し、やみくもな摂取はまず避けるべき。

利用する場合は、摂取量を注意しながら、
継続使用しないことが重要。




クルミ〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

クルミ美容と栄養〜


クルミは、クルミ科クルミ属の落葉高木の総称。

堅果(ナッツ)の一種です。

原産地はヨーロッパ南西部からアジア西部とされ、
北半球の温帯地域に広く分布する。

樹高は8-20mにおよぶ。

果実は4cm前後の球形をしていて、
殻の中の堅い種子が食用されます。

堅果(ナッツ)の中でも、脂肪の量が多く、
そのうちの約60%はリノール酸と言われています。

脳卒中、脳出血予防、動脈硬化予防、
コレステロール解消、便秘予防、老化防止
ぜんそくの改善などに効果があります。

また、ビタミンB1も豊富なので、疲労回復効果もあり、
滋養強壮にすぐれています。


<クルミの栄養>

脂肪60〜70%、
タンパク質20〜28%、
炭水化物、
有機物、
ビタミン

など


<クルミの主な品種>

晩春、信鈴、清玉、金豊、和光、要鈴、豊国、美鶴、豊笑、みずほ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。