美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

菊菜〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

菊菜美容と栄養〜


春菊新菊ともいわれ、関西では菊菜とも呼ばれています。
原産地のヨーロッパでは、観賞用として用いられています。

βカロチンが豊富で、ビタミンA・B・C・カルシウム・
カリウム・鉄分などを含んでいます。

カルシウムは、ほうれん草の約2.5倍あります。


中国では菊菜は肺を潤して咳や痰を鎮めるといわれ、
風邪の予防にぴったりです。

菊名の独特の香りは自律神経に作用し
胃腸の働きを活発にします。

食物繊維も多く便秘にも効果的です。

抗酸化作用があり、がん予防に効果があります。

また、高血圧や血栓ができるのを予防します。

かぜや二日酔い、便秘、肌荒れにも効果があります。

また100gで1日に必要ビタミンAを摂取することが出来ます。

春菊を乾燥させたものをお風呂に入れると、
神経痛や肩こりを改善します。

菊イモ〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

菊イモ美容と栄養〜


菊イモは、北アメリカ原産の菊科の多年草。

芋類ではなく、秋に黄色い花を咲かせ、
根の先端が肥大してイモのような塊ができるのでこの名前が付いた。

ジャガイモのような舌触りとごぼうのような風味があります。

菊イモに糖尿病を改善する効果があることが解明されている。

菊イモはイヌリンという成分を多く含んでいるが、
これは果糖(フルクトース)が約30個つながった多糖類。

体内に入っても吸収されにくいという特徴をもっている。

菊イモの場合、でんぷん質と違ってインスリンの
分泌を抑え、血糖値があがりにくいという特徴があります。

イヌリンは体内にそのまま残り、
一部は果糖の数が少なくなったオリゴフルクトースになるため、
腸壁で吸収されない。吸収されなければ血糖値も
上がらないというしくみ。

菊イモの食べ方はいろいろあるが、調理する場合、
イヌリンは水溶性であるため、長時間水にさらさないなど注意が必要。

<効果・効能>

・糖尿病
・便秘しがち
肥満


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。