美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

カロチノイド〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

カロチノイド美容と栄養〜


カロチノイドはカロテノイドとも呼ばれます。

緑黄色野菜や果物に含まれる色素成分の総称で
600種類以上あります。

動植物や微生物などがつくる赤、黄、紫などの色素で、
体内に入るとビタミンAに変化する。

長い鎖状で、炭素が40個程度つながったものが多い。

脂溶性で水に溶けにくく、抗酸化作用を持つ。

発がん抑制や心臓病予防の効果でも注目されている。

ニンジンのベータカロチンやトマトのリコピンが有名。 

ニンジンなどの緑黄色野菜に含まれているのが、
βーカロチンです。βーカロチンが体内に入って分解されると
ビタミンAと同じ効果を発揮することから、
プロビタミンAとも言われています。

αカロチン(にんじん、かぼちゃ)、
βカロチン(にんじん、ブロッコリー)、
リコピン(トマト、すいか)、
ルテイン(ブロッコリー、ほうれん草)などが代表的です。

βーカロチンは、老化や癌の予防に重要な役割を果たします。

活性酸素は、細胞膜をおおっている脂肪酸をいとも簡単に
酸化して老化させるだけでなく遺伝子も傷つけてしまいます。

そこで発癌物質を抑える代表的栄養素として注目されているのが、
緑黄色野菜などにたっぷり含まれているβーカロチン。
これらは優れた抗酸化作用を発揮し、
活性酸素の害を除去してくれるのです。

動植物界に多く分布している黄色ないし赤色の
脂溶性色素です。

カロテン類とキサントフィル類に分類されます。

光に対して不安定で、酸化を受けて変色または
退色しやすい性質を持ちます。

動物はこのカロテノイドを合成できません。

活性酸素から体を守る抗酸化作用が強く、
心臓病や脳卒中、ガンを抑える働きがあります。

カルニチン〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

カルニチン美容と栄養〜


カルニチンとは、脂肪を筋肉に運び燃焼させる役割を
担っているアミノ酸の一種。

カルニチンは、普段私たちが食べている食物の中に
含まれていますが、リジンとメチオニンという
アミノ酸をもとに肝臓や腎臓でも合成されます。


カルニチンは、羊肉、赤肉、鶏肉、魚、乳製品などにも
豊富に含まれていて、食事からも供給される。

植物は、カルニチンの生成に必要な2種類の
アミノ酸(リジンとメチオニン)の含量が少ないので、
ベジタリアンの人は、血漿カルニチン濃度や、
尿中カルニチン排出量が、低下することがある。 

カルニチン(アシルカルニチン)が欠乏すると、
慢性疲労症候群と言う病気になるとも、言われる。

カルニチンは脂質のエネルギー代謝に不可欠の物質で、
その最大の働きは肩甲骨や首、脇の下などにある
褐色脂肪細胞を活性化して、リパーゼという
酵素を作るこです。

このリパーゼは脂肪を分解し、
エネルギーになりやすい遊離脂肪酸を作る働きをします。

カルニチンは、肉類のタンパク質に多く含まれ、
なかでもラム肉やマトンに多く含まれます。

植物にはカルニチンの生成に
必要な2種類のアミノ酸(リジンとメチオニン)の
含量が少ないので、ベジタリアンの人は、
血漿カルニチン濃度や、尿中カルニチン排出量が、
低下することがあります。

カルニチンが欠乏すると、慢性疲労症候群と
言う病気になるとも言われます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。