美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

カルシウム〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

カルシウム美容と栄養〜


元素の1つであり、栄養上重要なミネラルの1つ。

カルシウムは、人体の1.5〜2%を占めます。

骨や歯に欠かせない重要なミネラルですが
日本人の約6割が不足しているといわれます。

カルシウムは、神経を鎮めたり、筋肉の興奮を
抑制するなど、体の生理機能のバランス維持にも
役立っています。

骨量は20代半ばごろまで増加し続けますが、
閉経後や高齢になると減っていきます。

カルシウムが足りないと骨密度が低下し、
骨粗鬆症の原因となります。

また、カルシウムが不足するとイライラや
情緒不安定になるといわれます。

カルシウムの吸収率は年齢とともに低くなるため、
吸収できるうちに貯蔵しておくことが大切です。

カルシウムを多く含む食品には、
牛乳・乳製品・小魚・干しエビ・海藻類・
ゴマ・切り干し大根などがあります。

カルシウムの吸収や働きにはには、ビタミンDやリン、
マグネシウムなど他の栄養素の作用が重要です。


<特徴>

リンと働き骨を作り、マグネシウムと働き循環器系の健康を保つ。

神経伝達にとって非常に重要。

不眠症を和らげたり、鉄の吸収を助ける効果も。

カルシウムの吸収には十分量のビタミンDが必要。



かりん〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

かりん美容と栄養〜

かりんとは、バラ科に属する果実。

かりん100g中には、カルシウム/7mg、
ビタミンC/20mg、カリウム/160mgが含まれます。

原産は中近東で、中国を経て日本に入ってきた
バラ科の植物の実です。

かりんは、疲労回復、風邪の予防、貧血の解消。

アレルギーの改善、せきの改善に効果があります。

果肉は非常に堅く、渋いので生食には向きません。

ジャムやゼリー、砂糖漬け、果実酒に加工されます。


<かりんの成分>

果実は晩秋に黄色に熟し、芳醇な香りがする。

実は硬く渋みが強いので、生では食べられない。

ジャム、ゼリー、砂糖漬け、カリン酒などにして利用する。

カリンは、栄養成分としては、糖質、ビタミンC、リンゴ酸、
クエン酸、タンニン、アミグダリンなどを含んでいる。


<かりんの効果・効能>

かりんは、整腸、利尿作用や、咳や喉の症状の予防に効果がある。
かりんの果肉は、固く、渋みがあるので、
砂糖漬けなどにした方が食べやすく、
そのシロップだけでも十分な効果を発揮する。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。