美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

果糖〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

果糖美容と栄養〜


果糖は別名フラクトース(fructose)はとも呼ばれます。

果糖は果実や蜂蜜に多く含まれる天然の糖で、
甘味は砂糖の1.25〜1.7倍です。果糖はブドウ糖と
同じく単糖類で、体内でこれ以上分解されることが無いので、
吸収が早く即効性のあるエネルギー源です。

また、果糖は体内でインスリンを必要としないので
糖尿病になりにくい糖分です。

また、体内で肝臓の活動源であるグリコーゲンを
大量に作るので肝臓の強化に役立ちます。

特にリンゴやトマトに多く含まれています。


<果糖の効果・効能>

果糖は小腸から吸収され肝臓に達すると、
おもにフルクトキナーゼという酵素で
フルクトース1-リン酸に変えられ、
ついで、フルクロース1-ホスフェートアルドラーゼという
酵素でジヒドロキシアセトリン酸(解糖系の中間代謝産物)と
グリセロアルデヒドに分解される。

グリセロアルデヒドは、リン酸化されて
グリセロアルデヒド3-リン酸となって解糖系に入り、
ブドウ糖と同様に代謝される。

しかし、一部のグリセロアルデヒドは、グリセロール、
そしてα-グリセロリン酸に変えられて、中間脂肪である
トリアシルグリセロールの合成に利用される。

このことから、果糖はブドウ糖よりも、肝臓や筋肉で
グリコーゲンへの変化率が高く、運動中の低血糖を防ぐ効果がある。

果糖は血中インシュリンを上昇させる作用が小さいので、
各種ドリンク、糖尿病患者用などの甘味料として広く使われている。

また、上述したようにリンと作用して解糖するために、
カルシウムの浪費がなく、虫歯の原因なるデキストランを
つくらず、疲労の原因なるL−乳糖を除去するので、
疲労回復効果がある。

カテキン〜美容と栄養〜


美容に欠かせない栄養」

カテキン美容と栄養〜


カテキンとは緑茶などに含まれるポリフェノールです。
代表的なお茶には、緑茶ウーロン茶紅茶があります。

カテキンはお茶の水溶性成分の中でも、
10〜18%を占め、もっとも多く含まれている有効成分で、
お茶にしか含まれない独特の成分です。

苦味や渋み成分のことで、ポリフェノールの仲間です。

以前は「タンニン」と総称されていました。

カテキンの働きは主に抗酸化作用です。

カテキンは体内でも血液中に存在して、
抗酸化作用を発揮します。

茶は動脈硬化症の予防、血中コレステロールや中性脂肪、
血糖値の上昇を抑えることもわかっています。

ダイエット生活習慣病の予防にも効果的です。

また、体内のコレステロールのバランスを保ったり、
血糖値の上昇を抑える効果、糖尿病の合併症に対する
効果もあると言われています。

カテキンは、構造の違いによってエピカテキン、
エピカテキンガレート、エピガロカテキン、
エピガロカテキンガレートの4つに分けられます。

中でも、エピガロカテキンガレートの活性が
最も強いと言われています。

緑茶にはこのエピカテキンガレートや
エピガロカテキンが多く含まれています。

カカオ(コーヒー)にはエピカテキンが含まれます。

エピガロカテキンガレートの抗酸化力は、
抗酸化力が高いといわれているビタミンEの
約20倍あると言われています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。