美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

鰻(うなぎ)〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

(うなぎ)〜美容と栄養〜

うなぎ(鰻)には、ビタミンA、ビタミンB1、B2、カルシウム、
たんぱく質などの栄養成分が含まれる。


ウナギは日本各地の川に生息しています。

ウナギには、タンパク質や脂肪、ビタミン、
ミネラルなどの栄養成分がバランスよく含まれている為に、
古くからスタミナ食と言われてきました。

表面のヌルヌルしているのは、 ムコプロテインという
糖タンパクの一種で、これが弱った胃腸の粘膜を保護し、
消化吸収を助けるので、夏の食欲不振を解消してくれる。

肉、肝臓に多量のビタミンAを含み、肝は約10g、
蒲焼は約40gで成人1日分の所要量を
満たすことができます。

体を温める働きもあります。ウナギの血の中には、
イクチオトキシンと呼ばれる神経毒があり、
下痢、血便、吐き気などを引き起こしますが、
熱に弱いので火を通すことで毒性はなくなります。

肝(きも)にはビタミンAが豊富に含まれており、
消化器や呼吸器、目の粘膜を強化する効果をもち、
胃腸の病気や風邪の予防、夜盲症にも有効。

土用の丑に夏バテ防止に鰻を食べる習慣が
あることからも分かるように、
鰻は非常に栄養価の高い食品です。

うなぎには良質のタンパク質、
ビタミンA、D、E、B1、B2、B6、B12、葉酸、
ナイアシン、パントテン酸、カルシウム、亜鉛、
鉄などのミネラル、DHA(ドコサヘキサエン酸)や
EPA(エイコサペンタエン酸)などが豊富に含まれています。

但し、鰻には鉄分の吸収を
サポートするビタミンCが含まれていません。



【効用】

夏バテ予防/動脈効果予防/体力回復 

【旬】

5月〜9月中旬


うどん〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

うどん美容と栄養〜

うどん饂飩)とは、日本旧来の麺類のうち、
小麦粉を原料とし、ある程度の太さ、幅を持った麺を指す。

うどんの麺100gには、たんぱく質/6.8g、
ビタミンB2/0.03mg、食物繊維/1.2g、ビタミンB1/0.09mg、
ビタミンB6/0.03mgが含まれています。

うどんの麺は、食欲不振や消化不良の改善、
風邪の予防に効果があります。

小麦粉でつくられるので成分は小麦粉と同じですが、
ゆでるためにビタミン、ミネラルが流れでてしまいます。

たんぱく質は米より多く含まれ、
小麦粉を練ることによりグルテンができ
消化吸収がよくなります。

現在のうどんは、その昔、切麦(きりむぎ)と呼ばれ、
うどんと呼ばれるようになったのは江戸時代に入ってからである。

切麦には暖かくして食べる温麦と冷やして食べる冷麦があり、
総じてうどんと呼ばれた。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。