美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

アラニン〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

アラニン美容と栄養〜


アラニン(alanine)は、もっともエネルギー源として
利用されやすいアミノ酸の一つです。

アラニンとは、アラニンは桑の葉、絹、シジミなどに
含まれる、天然アミノ酸成分。

保湿効果が高く、また、肌表面がアルカリ性に
ならないよう角質層のバリア機能を
高める働きもあるといわれている。


アルコール代謝を改善する作用が報告されています。

体に必要な糖を合成する材料としてもアラニンが使われます。

グリシンについで2番目に小さなアミノ酸で、
ほとんどすべての蛋白質に普遍的に見られます。

疎水性アミノ酸、非極性側鎖アミノ酸に分類されます。

蛋白質構成アミノ酸のひとつで、非必須アミノ酸です。


【用途・効用】

化粧水乳液洗顔料基礎化粧品
ファンデーションなどに保湿成分として使われる。

アラキドン酸〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

アラキドン酸美容と栄養〜


アラキドン酸は人間のからだの機能を
保つために欠かせないものです。

しかし、現代の食生活において、
不足することはめったにありません。

アラキドン酸は、免疫系や神経系の機能調整や
血圧を下げる作用などに関与しています。

過剰になることのほうが多いので注意が必要です。

過剰にとると、動脈硬化
心不全などをひきおこしやすくなります。

アラキドン酸の一日の摂取基準量(成人)は男女とも0.3gです。


アラキドン酸が不足すると。>

免疫機能が低下し、細菌やウイルスに感染しやすくなる
・肝機能に障害がおこる
・胎児、乳児の正常な発育が阻害される


<アラキドン酸のはたらき>

・血圧を下げる・過剰になると血圧を上げる
・血液の凝固を抑制する・過剰になると血液の凝固を促進する
・動脈を収縮させる
・肝細胞を保護する
・消化管の運動を活発にする
・胃液の分泌を抑制し、胃潰瘍を予防、改善する
・子宮を収縮させ、月経困難症などを改善する
・胎児、乳児を正常に発育させる
・血中コレステロール値を低下させる
・アトピー性皮膚炎などアレルギー症状を改善する
・過剰になると症状を発症させる

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。