美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

もやし〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

もやし美容と栄養〜


もやしは豆類を水に浸して発芽させたものです。

そのため、豆類の栄養バランスの良さをそのまま
受け継いでいます。

もやしには、ビタミンCやたんぱく質、カルシウム、
カリウム、鉄などの栄養素が含まれている。

さらに、発芽する際に豆の状態では
ほとんど含まれていなかったビタミンCや
消化酵素のアミラーゼが増えます。

もやしに含まれる消化酵素のアミラーゼは、
胃腸の機能を整える働きがあり、食欲がないときなど
食欲を増進させてくれる。

また、便秘の解消や肥満の予防、糖尿病、動脈硬化などの
予防にも効果のある食物繊維や、ビタミンB2も含んでいるため、
脂肪の新陳代謝をよくしダイエットにも役立つ。


もやし100g中には、たんぱく質/2.3g、
カリウム/80mg、食物繊維/1.6g、ビタミンC/12mgなどが
含まれます。


【もやしの保存方法】

常温保存可能 
常温保存可能だが不向き
 
冷蔵保存可能
・さっと熱湯をかけ、冷ましてから密閉容器に入れ、1〜2日 
・袋のまま保存するときは呼吸できるよう袋に竹串で
 1〜2ヶ所空けておく
 
冷凍保存不可


もも〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

もも美容と栄養〜


食物繊維やビタミンが豊富に含まれているので、
ビタミンの補給には理想的な食品で、
夏バテ予防に効果的です。

また、ももは昔からつぼみを乾燥させて
便秘剤や利尿剤に利用されていたように、
新陳代謝を促進させる働きがあるといわれています。

もも100g中には、カリウム/170mg、ビタミンC/10mg、
ビタミンE/0.9mgなどを含みます。

ももには抗酸化力のあるビタミンEが比較的多く
含まれています。

またももにはペクチンが多く、水溶性と不溶性の
両方のオペクチンを含んでいるのが特徴です。

水溶性ペクチンにはコレステロール上昇を
抑える働きがあり、不溶性ペクチンは整腸作用があります。

また、黄桃はカロチンの含有量も高くなります。

水溶性食物繊維のペクチンも多く含まれ、
便秘の解消やコレステロールの低下などに効果的です。

またカリウムも比較的多く含まれています。

桃100g中には、リン/18mg、カリウム/180r、
ビタミンB1/0.01mg、ビタミンC/8mgなどが含まれます。

また桃の葉にはタンニンやフラボノイドを含み、
伝統的にアセモや湿疹の皮膚トラブルに使われてきました。


<保存方法>

ももをおいしく味わうためには、
適度に冷たくすることがおすすめです。

ももの水分が失われないようにビニール袋に
いれるなどして、冷蔵庫に1〜2時間冷やすぐらいが
ちょうどいい冷たさの目安です。

ただし、冷やしすぎには注意してください。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。