美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

MD−フラクション〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

MD−フラクション美容と栄養〜

サルノコシカケ科のキノコ、マイタケの成分。

マイタケは、豊富な食物繊維が生活習慣病の予防に役立ち、
また、有効成分βグルカンを豊富に含んでいて、
その作用により、免疫力が高められます。

βグルカンは抗がん性のある物質ですが、
生成して得られたフラクション(組織)を
順にA,B,C・・・としたところ、
4番目に得られたフラクションに
もっとも強い抗がん作用が見られました。

頭にマイタケのMをつけてMD-フラクションと
呼ばれています。


L-フェニルアラニン化合物〜美容と栄養〜


美容に欠かせない栄養」

L-フェニルアラニン化合物美容と栄養〜

L-フェニルアラニン化合物とは
フェニルアラニンの化合物です。


フェニルアラニン(phenylalanine)は、
牛乳・卵・肉などの食品中のたんぱく質に
含まれている必須アミノ酸のひとつです。

フェニルアラニンは、多くのたんぱく質中に含まれ、
生体内で酵素の働きによりチロシンとなる。
その他、脳内では、神経伝達物質のノルアドレナリン、
ドーパミンの合成原料となる。

※血圧を上げる作用があるので、
高血圧の人は摂取する際注意が必要。


フェニルアラニンは体内ではチロシンの原料になり、
脳内ではドーパミンやノルエピネフリン
(ノルアドレナリン)などの
神経伝達物質の原料として使われます。

食欲抑制・気分高揚に効果があります。

しかし、まれに先天的にそれを
代謝する機能が十分でない「フェニルケトン尿症」という
病気があります。

フェニルアラニンはたんぱく質と同様に、
正常に発育する上で不可欠な栄養素なのですが、
この病気では、母乳を含めすべての食品に
含まれるフェニルアラニンの摂取量を成長に
必要な量にコントロールしなければなりません。

ですのでフェニルアラニンの化合物を含有する場合、
その旨を食品衛生法の規程に基づいて
表示しなければなりません。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。