美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

Lカルニチン〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

Lカルニチン美容と栄養〜

Lカルニチンは、必須アミノ酸であるリジンと
メチオニンから体内で合成されます。

L-カルニチンは、アミノ酸の一種リジンが体内で変化した物質です。
L-カルニチンは、脂肪と炭水化物は運動によるエネルギー要求量を
満たすために使われる重要な燃料です。

年齢とともに減少し80代ではほとんどゼロに
近くなるまで減ってしまいます。

脂質代謝に関わっていることが
研究により明らかになっており、
不足すると体脂肪が燃えにくい体になります。
コレステロールの増加を抑える作用もあり、
体脂肪率の高い人ほど体内のカルニチン量が
少ないことがわかっています。

心臓血管系を維持し、より健康的な体重へと導く働きに加え、
脂肪代謝に重要な役割を持っています。

データによれば、L-カルニチンの補給が健康な心筋を確実に維持し、
健全な心筋組織を有意に増加させ、
正常な心拍動を維持するのに有効であることが明らかになっています。

赤身の肉類、特に羊の肉に多く含まれています。

サプリメントで補う場合の1日の摂取量は、
200mg程度が目安となります。

1日の上限摂取量は1000mgとなっています。

LDL〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

LDL美容と栄養〜

LDLとは低比重リポタンパク質
(low density lipoprotein)のことです。

リポタンパク質とはコレステロールを
組織へ運ぶには血液中に取り込まないといけない。

コレステロールは脂質ですから水に溶けない性質なので、
表層は親水性のリン脂質とタンパク質からできた複合体と
結合させ、血液中へ取り込められ、コレステロールを
血液中にて運搬が可能になる。

この粒子をリポタンパク質と呼ばれる。

リポタンパクは4種類ありますが、
そのうちコレステロールを主に運んでいるのが
このLDLとHDLとよばれる高比重リポタンパク
(High density lipoprotein)です。

2つのリポタンパクはまったく逆の働きをしており、
HDLが体の隅々の血管壁にたまったコレステロールを
肝臓に運ぶのに対して、
LDLは肝臓のコレステロールを体の隅々に運びます。

末梢組織に細胞膜や生理活性物質の材料を
送るという大事な働きですが、
これが多過ぎると血管壁の細胞内に蓄積して、
動脈硬化、血栓症(心筋梗塞、脳梗塞など)を
合併し易くなります。

LDLコレステロールが増えると、コレステロール
増えて動脈硬化を促進する方向に傾くため、
LDLは「悪玉コレステロール」と呼ばれています。

逆にHDLコレステロールは、体の余分なコレステロール
肝臓に運び、動脈硬化の防止につながるため
「善玉コレステロール」と呼ばれています。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。