美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

HDL〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

HDL美容と栄養〜

HDLとは高比重リポタンパク(high density lipoprotein)のことです。

リポタンパクとはコレステロールや中性脂肪は脂質(油)で
あるため、ほとんどが水分である血液に溶け込むことができません。
そこで、血液中に存在するためにタンパク、リン脂質と結合して、
小さな粒子となる必要があります。
この小さな粒子をリポタンパクといい、
タンパク質部分をアポタンパクといいます。

リポタンパクは4種類ありますが、
そのうちコレステロールを主に運んでいるのが
このHDLとLDLとよばれる低比重リポタンパク
(low density lipoprotein)です。

2つのリポタンパクはまったく逆の働きをしており、
HDLが体の隅々の血管壁にたまったコレステロール
肝臓に運ぶのに対して、LDLは肝臓のコレステロール
体の隅々に運びます。

LDLコレステロールが増えると、コレステロール
増えて動脈硬化を促進する方向に傾くため、
LDLは「悪玉コレステロール」と呼ばれています。

逆にHDLコレステロールは、体の余分なコレステロールを
肝臓に運び、動脈硬化の防止に
つながるため「善玉コレステロール」と呼ばれています。

HbA1c〜美容と栄養〜


美容に欠かせない栄養」

HbA1c美容と栄養〜


HbA1cとはヘモグロビンA1c(hemoglobin A1c)のことで、
過去1-2ヶ月間の血糖値の状態を反映する指標です。

血糖値が高いと、血液中のブドウ糖がヘモグロビンに結合し、
グリコヘモグロビン(HbA1c)に変化します。

HbA1c検査値は、血中ヘモグロビンに
対するグリコヘモグロビン(HbA1c)の割合で表されます。

通常時の血糖レベルの判定に使われ、HbA1cは血糖と違い、
食事の影響を受けないためいつでも検査ができます。

基準値は4.3〜5.8%で、6.5%以上だと糖尿病と判定されます。

ヘモグロビンとは

ヘモは『血』に関係することを意味し、グロビンは血色素を構成するたんぱく質のこと。ヘモグロビンは『血色素』と訳される通り赤血球中の酸素の運搬色素です。ひとつの赤血球の袋の中に無数のヘモグロビンが詰っています。
血が赤いのはこのヘモグロビンの色のため。赤血球の寿命は約120日で、役目が終わって分解されると最後には『UNKO』のあの色素になるという変わりもの。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。