美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

マンゴー〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

マンゴー美容と栄養〜


マンゴーはインド、東南アジア原産で、
熱帯から亜熱帯地域で広く栽培されています。

ウルシ科の常緑潅木です。

マンゴーは口の周りが痒くなる「かぶれ」の
症状が出る人も数十人に一人くらいの割合ですが、
不幸な人もいるそうです。

知らない人はビックリするらしいですがマンゴー特産地域では
それほど驚く事ではないらしい。

うるしでかぶれる人は、マンゴーでもか
ぶれるそうです。

食べる時は人にむいてもらって、
フォークを使ってお上品に食べるのがコツだそうです。

フルーツのなかでも特にβカロチンの含有量に
優れています。

βカロチンはよく熟すほど増加します。

また、マンゴーの黄色の色素はフラボノイドで
抗酸化作用があります。マンゴー100g中には、
リン/12mg、βカロチン/610μg、ビタミンC/20mgなどを
含んでいます。



<完熟マンゴーの成分>

・マンゴーは、とくにかくビタミンAが多く含まれています。
・マンゴーのベータカロチンは柿の約13倍と言われています。
・他にマンゴーには、ミネラルとビタミン類が多く含まれ、
 ビタミンB1、C、カルシウムなどが含まれています。


マンガン〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

マンガン美容と栄養〜


マンガンとは、糖質や脂質、炭水化物などの代謝に
必要なミネラルの一種。

マンガンは特に骨の形成に関係しています。

マンガン骨や軟骨を形成するコラーゲンの
元になるムコ多糖類の構成分子です。

また、糖質、脂質などの代謝にも関わっています。

通常の食生活で不足することはないと
言われていますが、不足すると、めまい、耳鳴り、
運動失調などを引き起こします。

また成長期に不足すると発育不全になります。

小麦や玄米、お茶、ナッツ類などに
多く含まれています。

マンガンの一日の摂取基準量(成人)は
男:4mg、女:3mgです。


<マンガンの特徴>

軟骨の形成に必要不可欠なミネラルのため、
不足すると骨形成に支障が出る。

しかし、マンガンは通常の食生活では不足することは
ないとされているが、もし不足していると
妊娠能力の低下につながるとされている。

<マンガンの働き>

・糖・脂質、タンパク質の代謝に働き多くの酵素を構成する
・コレステロールや甲状腺ホルモン、インシュリンの生成にかかわる
・活性酸素を刺激伝達にかかわる
・骨の形成にかかわり、エネルギーづくりに関与
・骨の石灰化に働き、骨や関節を丈夫にする。
・タンパク質の合成やエネルギーづくりに働く


<マンガンを多く含む食品>

玄米ごはん、大豆、アーモンド、抹茶、
かき、カシューナッツ、干しひじき、納豆、
あずき、さつまいも 等



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。