美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

マルトース〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

マルトース美容と栄養〜


マルトース(maltose)は麦芽糖ともいわれます。

麦芽糖のことです。二糖類で、2分子のブドウ糖が
結合したものです。

低カロリー甘味料のマルチトール原料となります。

しかしごく微量なので、通常はデンプンに麦芽中の
アミラーゼを作用させて作られます。

甘みは砂糖の半分程度ですが、カロリーも低く、
虫歯にもなりにくく、また血糖値をあげにくいといった
特性があります。

水あめは麦芽糖でできています。

マルトースは化粧品には保湿剤としていれるほか、
マルトースを還元して合成されたマルチトールという粉末も、
感触がよく、保湿効果が高いので乾燥から
守る化粧品に使われている。






マリーゴールド〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

マリーゴールド美容と栄養〜


マリーゴールドはメキシコ原産のキク科の一年草です。

別名カレンデュラとも呼ばれます。

マリーゴールドのお茶は花びらを利用し、
鮮やかな黄金色をしていますが、
これにはカロチンやカロチノイドが含まれています。

また、苦味があり少し飲みづらいですが、
この苦味成分は胆汁の分泌を促し、肝臓の働きを強化します。

発汗作用や口臭を抑える作用もあります。

また、外用すればにきびや日焼けなど皮膚の
炎症を鎮める効果があります。


マリーゴールド色素は、食品を黄色に着色するために
使用され、キク科マリーゴールドの花からヘキサンで
抽出してできたものであり、主色素はキサントフィルとなっています。

マリーゴールド色素の簡略名は、カロチノイド、カロチノイド色素、
カロテノイド、カロテノイド色素、マリーゴールドとなっています。


<マリーゴールドの栽培>

・小苗の時から生育旺盛で、日当たりと排水の良い所ならば
 どこでも育てられます。

・ポットまきや箱まきにするほか、花壇に直接まくこともできます。

・箱まきにした場合は、本葉2〜3枚になったら、
 3号ポットに植え替えます。

・本葉6〜・7枚の頃、目的の場所に定植します。
 直まきしたものは、間引いて、丈夫な苗を20〜25p間隔で
 残して育てていきます。

・咲き終わった花がらは、見苦しくなるので、
 マメに取り除くようにします。

・チッ素分の多い肥料を与えすぎると、葉が茂りすぎて、
 花つきが悪くなります。

・真夏の高温期には、花数が自然と減ってきます。
 この時期に、思いきって草丈の半分くらいを切り戻し、
 追肥をすれば、初秋に新芽が出て、また花を楽しむことができます。


マリーゴールドは春まき1年草なので、秋が終わる頃、
種をつけて枯れてしまいます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。