美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

鮪〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

美容と栄養〜


マグロ(鮪)は、スズキ目 サバ亜目 サバ科
マグロ属の魚の総称である。

狭義にはそのうちの1種であるクロマグロを指し、
いずれも海産魚で、食用にする。
その身は美味で、日本人にもっとも好まれる
食用魚のひとつとされている。


鮪(マグロ)は必須アミノさんをバランスよく含む
良質のたんぱく質が豊富です。

マグロは冬場に脂がのりますが、腹身(トロ)の部分では
脂質が40%にもなります。

マグロの脂質にはIPAやDHAが魚介類の中でも
トップクラスの量が含まれています。

部位によって含まれる栄養バランスは変わってきますが、

特に背側の赤味はたんぱく質が豊富で脂質が
少なく低カロリーです。また、ビタミンやカリウム、
鉄、タウリン、セレンといったミネラルを含んでいます。


<産地と旬>

遠洋で捕獲して冷凍されてくるので
季節感はなくなってきていますが、
日本近海物の旬は10月から1月です。

メジの旬は5月、中房は9月から10月
(金華山沖から北海道にかけて)です。


< 成 分 >

脂質がマグロの味の特徴の一つです。

食品成分表(四訂)では赤身の脂質が1.4%、
トロが24.6%となっていますが、
冬場になると赤身で10%、
トロでは40%にも達するということです。

しかし不飽和脂肪酸が多いので、
なめらかでくどさがありません。

赤身肉にはイノシン酸、アラニン、タウリンが多く、
旨みとコクを与えています。

また、結合組織が少なく身が柔らかいのも
マグロの美味しさの一因です。  

マグネシウム〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

マグネシウム美容と栄養〜


マグネシウムとは、人体内に存在するミネラルとして、
体内に約25g存在しています。

その60%は骨にあります。エネルギー代謝、
筋肉収縮、血圧調整、体温調節などの酵素反応に
関わっています。

マグネシウムは、体内の酵素を活性化する健康維持の
ミネラルで、植物ではクロロフィルの成分として含まれており、
緑黄色野菜、豆類、穀物、海藻類、アーモンドや
チョコレートなどに多く含まれている。

マグネシウムが不足すると筋肉にけいれんが
起こったり、めまいや偏頭痛などが起こります。、

睡眠不足や運動不足が続くとマグネシウムが消費されてしまう。
マグネシウムは、カルシウムと1対2から3の割合で
バランスよくとるのがよいとされ、1日の摂取量の目安は、
男性で280〜320mg、女性で240〜260mg。

マグネシウムは細胞内のカルシウムの量を調整するので、
カルシウムとバランス良く摂ることが大切だといわれます。


<マグネシウムが欠乏すると>

心臓障害を起こしやすく、突然死とも関係が
あるといわれている。

突然死した人の冠動脈には、マグネシウムが非常に
少なくなっているのが分かっている。

慢性的にマグネシウムが不足すると、血管の狭さくが起きて、
虚血性心臓病を誘因すると考えられている。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。