美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

母乳〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

母乳美容と栄養〜


「母乳」は英語では(breast milk)と記載し、
哺乳動物の母親から分泌される体液で、
母親の乳房から直接哺乳される乳汁を意味しています。

初期の黄色っぽい母乳を「初乳」といいなます。

初乳には、免疫力を持たない赤ちゃんを
守るための免疫や栄養が豊富に含まれています。

また母乳で育つ赤ちゃんは粉ミルクなどの
人工栄養で育つ赤ちゃんよりも正常な
腸内細菌叢(フローラ)の形成が早く行われるといわれます。

初乳の時期が過ぎると、白っぽい「成乳」となり、
赤ちゃんの身体を成長させるたんぱく質や乳糖が多くなります。

このように母乳は赤ちゃんの成長に伴って、
必要な成分が変化していくといわれます。


赤ちゃんのからだは、生後1週間くらい、
母乳の成分で外界微生物から守られています。

そして成長とともに抵抗する力が付いてきます。

抵抗する力は青年期に最大に達し、そのあとは年とともに
低下してゆきます。

「乳清たんぱく」には、からだを守る成分が多く含まれています。



ホルモン〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ホルモン美容と栄養〜


ホルモン(hormone)は体内にある特定の
器官の内分泌腺で作られます。

身体の調節に関わっています。

男の子や女の子がそれぞれ男らしく、女らしくなるために
必要な性ホルモンや、体内の糖代謝を調節するインシュリンなどの
動物ホルモンがあります。

そのほかにも、茎を太陽の方向に、根を重力の方向に向かせるために
必要な植物が作る植物ホルモンもあります。

ホルモンとは「体内の特定の器官で生産されて、そのホルモンが
作用する別の特定の器官に運ばれ、そこで微量で働きを現す物質」です。

たとえば女性の排卵や母乳の分泌の調節をするプロラクチンなどの
ホルモンは脳にある下垂体と呼ばれる器官で生産されて、
卵巣や乳腺で働きます。

ホルモンは大きく分けて視床下部、脳下垂体、
甲状腺、副腎、膵臓、生殖腺の6箇所で作られており、
約17種類があります。

分泌されたホルモンは血流に乗って、
それぞれの標的器官である臓器や細胞に送られます。

標的となる臓器は各ホルモンに対する
ホルモン受容器を持っています。

ホルモンは欠乏症と過剰症があります。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。