美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ブロッコリー〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ブロッコリー美容と栄養〜


ブロッコリーとは、カリフラワーの原型で
キャベツの変種。

栄養が高く、ビタミンA(β−カロテン)、
ビタミンB1、B2、ビタミンC、カリウム、鉄、
食物繊維、カルシウムなどを含む。

ビタミンCについては、レモンの2倍、じゃがいもの7倍も含み、
100g食べると1日の摂取量 がまかなえると言われている。

ブロッコリー100g中には、カリウム/530mg、
食物繊維/4.8g、カロチン/720μg、ビタミンB2/0.27mg、
ビタミンC/160mgなどを含みます。

ビタミンCを豊富に含むので、がん、動脈硬化の予防、
ストレスの抑制や肌荒れの改善に効果的です。

食物繊維は茎に多く、血糖値を正常に保つ働きが期待できる。

また、鉄分はビタミンCと一緒に摂ることで
吸収率が高まるため、ブロッコリーの摂取は貧血にも効果的。

栄養分は葉よりも茎の方に多く含まれます。


【ブロッコリーの旬】

11〜3月

【ブロッコリーの保存方法】

常温保存可能

冷蔵保存可能
 水気を拭き、2〜3日 

冷凍保存不可



プロゲステロン〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

プロゲステロン美容と栄養〜


プロゲステロンは女性ホルモンのひとつで
「黄体ホルモン」とも呼ばれています。

女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と
黄体ホルモン(プロゲステロン)があります。

プロゲステロンの大きな働きは子宮内膜を
厚くし妊娠できるように変化させることです。

排卵〜次の月経までの間(黄体期)に分泌されるもので、
排卵を抑制するはたらきがある。

基本的にエストロゲンを補足する役目を果たし、
妊娠の維持・出産に欠かせない。

また、血糖値を正常にして、体脂肪を減少したり、
自然な利尿作用もある。

また、エストロゲンをはじめ他のホルモンの
バランスをとる作用もします。


<プロゲストロンの働き>

・女性ホルモンの乱れを改善
・生理痛、偏頭痛などを改善
・子宮内膜や子宮筋の働きを調整
・血糖値の正常化
・体脂肪の減少
・利尿作用

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。