美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ぶどう〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ぶどう美容と栄養〜


ぶどうには、糖分のブドウ糖が多く含まれる。

ぶどう100g中には、カリウム/130mg、
ビタミンC/4mgなどを含みます。

ぶどうの主成分はブドウ糖と果糖です。

このブドウ糖は、体内ですばやくエネルギー源となるので、
エネルギー補給、疲労回復には効果的。

しかし、果物といっても糖分は糖分。

余ったエネルギーは脂肪として蓄えられてしまうため、
食べ過ぎには注意が必要。


また抗酸化作用のあるポリフェノールの
一種であるアントシアニンを含んでいますが、
果実そのものよりも皮や種子に多く含まれています。

その他にも、ビタミン類、鉄、カリウム、
食物繊維などが含まれている。

干しぶどう(レーズン)にするとカリウムは5倍、
その他のミネラルや食物繊維も増えます。


【効用】

・疲労回復
・動脈硬化予防
・利尿作用

【旬】

7月〜9月中旬

【保存】

ポリ袋に入れて野菜室へ。

冷やしすぎると味が落ちてしまうため、
食べる直前に冷やすとよい。


フッ素〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

フッ素美容と栄養〜


フッ素は、歯、骨、にごく微量含まれています。

歯、骨の表面にフッ化カルシウムとして存在します。

フッ素は自然の中に広く分布している元素の1つです。
地殻にある約90の元素中多いほうから13番目に
豊富に含まれています。

フッ素は元素単独では存在せず、フッ化物として蛍石、水晶石、
リン鉱石、などに多く存在します。

地中はもとより海水、河川水、植物動物などすべてに
微量ながら含まれており、食べたり飲んだりするものの中にも、
量は異なるものの、必ずといってもいいほど含まれています。

フッ素は葉の表面に対しては、虫歯菌が出す酸に
対する抵抗力を高めることで虫歯予防になります。

ただし、過剰に摂取すると歯に斑点ができ
朽ちたようになる斑状歯という症状を引き起こします。

虫歯予防の目的で水道水にフッ素を付加するということが
いくつかの国、地域で行われていますが、フッ素の人体に
対する有毒性が指摘されて減少傾向にあります。


<フッ素を含む食品> 

一般に、魚介類、海草に多く含まれる。

しばえび、めざしなどに含まれているフッ素は
10〜40ppmとかなり高い。

また、椿科の植物には含有量が多く、
お茶、紅茶の葉 には100 〜500ppm含まれている。

しかし、日常飲用されるよな形、これらの葉を
お湯にいれ浸出液とした場合は葉に含まれている
1/500のフッ素濃度(0.2〜1.0ppm)を示す。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。