美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ビフィズス菌〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ビフィズス菌美容と栄養〜


ビフィズス菌とは1900年にフランスのティシエが
母乳を飲んでいる赤ちゃんの糞便から
初めてビフィズス菌を発見。

ビフィズス菌は腸内細菌のうち善玉菌の代表格です。

ビフィズス菌が増えると、腸内の悪玉菌が
抑制されて腸内環境が整います。

腸内環境は健康に大きな影響を
あたえているといわれます。

ビフィズス菌は「おなかの調子を整える食品」として
ヨーグルトや乳飲料、トクホなどに加えられていますが、
酸に弱く胃酸で壊れてしまうことも多いようです。

そのため、腸内でビフィズス菌のエサとなる
オリゴ糖などのビフィズス因子を摂取することが
さらに有効だと思われます。


<ビフィズス菌の効用>
 
・腸の運動を活発にしてスムーズな排便を
  促す便秘を防ぐ

・病原菌の侵入を防いで体を守る

・食中毒や腸炎などの発症の危険性を下げる

・腸内の腐敗を抑える

・ビタミンB群を生産する


<オリゴ糖はビフィズス菌の栄養源>
 
オリゴ糖はお砂糖の仲間の糖質です。

お砂糖も実はオリゴ糖なのですが、お砂糖との違いは
胃や小腸では消化吸収されずに大腸まで届き、
善玉菌の代表のビフィズス菌に食べられて
増やす特徴を持つことです。

最近では健康意識の高まりから広く、
オリゴ糖=ビフィズス菌を増やす機能性を
持つものと理解されているようです。

<<注意>>

人工栄養児のようにビフィズス菌が少ない赤ちゃんは
下痢をしやすいことが確かめられている。



ビフィズス因子〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ビフィズス因子美容と栄養〜


ビフィズス菌因子と呼ばれるもの。

これは、腸内の善玉菌を代表するビフィズス菌
を増やしてくれるビタミンの物質ことです。

これらのビフィズス因子が腸内に入ると、
ビフィズス菌が急速に増えて、たまった便を排出します。

りんごは、オリゴ糖が豊富な果物。オリゴ糖は
胃液で分解されにくいので胃で吸収されずに腸まで
到達します。

そして善玉菌の増殖を助ける働きをするのです。

ビフィズス菌は腸内環境を改善する善玉菌です。

よく知られているものには「オリゴ糖」があります。

その他に人参抽出物の「ラクチュロース」などがあります。

腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスは食事やストレス、
老化によっても変化しますが、ビフィズス因子を
摂取することで、ビフィズス菌を増やし、
バランスを正常化することは可能で健康維持に
大変効果的です。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。