美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ヒドロキシ酸〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ヒドロキシ酸美容と栄養〜


ヒドロキシ酸(hydroxy acid)は水酸基を
持つカルボン酸のことです。

単純なカルボン酸より高い酸性値をしています。

ヒドロキシ酸には、αヒドロキシ酸と
βヒドロキシ酸があります。

αヒドロキシ酸は、AHAとも呼ばれフルーツ酸や
グリコール酸、乳酸などがこれにあたります。

AHAには、肌の表面の古い細胞をはがし、
新しい細胞の成長を促進させる、美肌効果やシワを
減らす作用があるため、ニキビ治療や
ピーリングに利用される。

また、βヒドロキシ酸はBHAとも呼ばれます。

脂溶性なので毛穴の皮脂になじみ易いので
ニキビ治療などに用いられます。

またピーリングにも用いられます。


【ヒドロキシ酸の効果・効用】

ニキビ治療肌質の改善


ビタミン様物質〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ビタミン様物質美容と栄養〜


ビタミン様物質は、体内でビタミンと
同じようなはたらきをするが、体内で合成されたり、
欠乏症が見られなかったり、または大量に消費されるなど、
ビタミンの定義に100%当てはまらないものをいます。

発見当初はビタミンとされていたため、
「ビタミンF」などと紛らわしい名称が
使用されることもあります。

多価不飽和脂肪酸(ビタミンF)、ユビキノン(ビタミンQ)、
オロット酸(ビタミンB13)、パンガミン酸(ビタミンB15)、
カルニチン(ビタミンBt)、p-アミノ安息香酸(ビタミンBx)、
バイオフラボノイド(ビタミンP)、キャベジン(ビタミンU)、
αリポ酸、コリン、イノシトールなどがあります。


<ビタミンはこんな症状に効く>

骨の発育、強化⇒ビタミンD=カルシウムを吸収するのに必要

免疫機能維持⇒ビタミンA=病原菌などが体内に侵入するのを防ぐ

ストレス防止⇒ビタミンB1=中枢神経がスムーズに働くためのエネルギー

ダイエット⇒ビタミンB2,B6、E=脂肪がたまるのを防ぎ、脂肪をエネルギーに燃焼させる

老化防止⇒ビタミンE=酸化防止作用があり細胞の破壊を阻止する

貧血⇒鉄分とともにB12と葉酸=赤血球の生成に作用

便秘⇒ビタミンC=腸の中の細菌を増やす

風邪の初期⇒ビタミンC大量摂取=ウイルスに対抗し体の中で増殖を抑える

皮膚炎、湿疹⇒ビタミンB2とナイアシン=皮膚を正常に保つ働き

ガン予防⇒ビタミンA(カロチン)、C、E=発ガン物質の生成を防ぐ

糖尿病⇒ビタミンB6=インシュリンを阻害する物質の生成を防ぐ働き

抗生物質服用⇒ビタミンK=腸内細菌を減らしKをできなくさせ、働きを阻害するため補給する、B2,B6の欠乏症にも注意

アスピリン常用⇒ビタミンC大量摂取=ビタミンCの排泄量が増加され、吸収を邪魔させないため


<栄養補助食品から補うために>

ビタミンC補給:
  
・スコーベイト
・エクストラC
・スーパーC2000
・ビタCバイオ&ローズヒップ

ビタミンB群:   
・Bイースト
・Bコンプレックス

ビタミンE:    

・ビタE200
・グレープシードオイル
・フラックスオイル

総合ビタミン:
  
・MVM
・メガペットデイリー
・オキシーグロウ・アンティオキシダント


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。