美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ビタミンP〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ビタミンP美容と栄養〜


ビタミンPとは、ビタミンに近い働きをする
ビタミン様物質。


ビタミンPとは、正式にはビタミンではなく
ビタミンに近い働きをするビタミン様物質です。
ヘスペリジン、ルチン、ケルセチン等の総称で、
最近ではフラボノイドと呼ばれています。

ビタミンPは、ビタミンCの吸収を助け、
ビタミンCが体内で十分機能を果たす上で
欠かせない栄養素です。

抵抗力を高める、高血圧の予防、毛細血管を強くする、
めまい防止などの効果が期待できます。

特に毛細血管の結合組織のコラーゲンを
作るビタミンCの働きを補強し、
毛細血管を丈夫にするため、
毛細血管浸透性因子とも呼ばれている。

その他、感染に対する抵抗力向上、
高血圧の予防や脳出血などの出血性の
病気予防、めまい緩和などの効果も
期待されている。

かんきつ類やそばなどに含まれています。


【ビタミンPを多く含む食材】

・みかん
・レモン
・オレンジ
・あんず
・さくらんぼ
・ブラックベリー
・そば、

などなど・・・・

※柑橘類には、うす皮の部分に多く含まれている



ビタミンK〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ビタミンK美容と栄養〜


ビタミンKは、血液を凝固させる働きがある
脂溶性ビタミン。

緑黄色野菜やレバーなどに含まれていますが、
体内の腸内細菌でも合成されます。ですので、
通常では不足することはありません。

ビタミンKは、血液の凝固に関与する
ビタミンなので、不足すると月経時や鼻血の
多量出血や血が止まらないという症状が起こります。

また、骨の形成にも関係するので骨粗しょう症の
治療薬としても利用されます。

ビタミンKの一日の摂取基準量(成人)は
男:65μg、女:55μgです。


<ビタミンKの特徴>

ビタミンKが不足すると血が固まらず
出血多量になったり、鼻血や月経時の
多量出血などが起こる。

また、骨の形成にも欠かせないビタミンとして
注目を浴びている。

妊娠中や授乳中などは乳幼児のために特に
意識的にビタミンKを摂取することが望ましい。


<ビタミンKを多く含む食材>

・納豆
・青汁
・クロレラ
・モロヘイヤ 

などなど・・・・


<ビタミンKとワーファリン>

ワーファリンには、血液のかたまり(血栓)が
できるのを防ぐ働きがあるが、ビタミンKは
この働きを妨げ、ワーファリンの効き目を弱める。

ワーファリンを服用中は、
納豆・青汁・クロレラ・モロヘイヤなどの
ビタミンKを多く含む食品の摂取を避ける

特に納豆は、他の食品に比べてビタミンK含有量が
多い上に、摂取後に腸管内でもビタミンKを
合成するため、摂取を中止しても3〜4日は阻害作用が
持続しますので注意が必要。


ブロッコリー・ホウレンソウ・メキャベツ・ニラなどの
青野菜もビタミンKを含んでいるが、こちらは一度に大量に
摂取しなければ、摂取を禁止する必要はない。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。