美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ビタミンB群〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ビタミンB群美容と栄養〜


ビタミンB群とは、ビタミンB1(チアミン)、
ビタミンB2(リボフラビン)、ビタミンB6(ピリドキシン)、
ビタミンB12(コバラミン)、ナイアシン、葉酸、
パントテン酸、ビオチンの総称です。

水溶性であり、体内のエネルギー代謝や様々な
物質の合成、神経の働きを助ける重要な
ビタミン群です。

ビタミンB群は、新陳代謝の機能を
アップすることができます。

皮膚の新陳代謝をアップさせることで、
古い皮膚を落とし新しい皮膚を作り出して
ニキビに成りにくい皮膚になります。

逆にB群が欠乏してくると疲労感が続く。
肩こり,口内炎の原因にもそして肌荒れにも
関係してきます。

ビタミンB群の上手な取り方として
B群は蓄えられない為、数回に分けて
こまめにとる事が理想とされております。

また、ビタミンB6が活性型になるには
ビタミンB2が必要であったり、トリプトファンから
ナイアシンが合成されるときには、
ビタミンB6が必要にあったりとビタミンB群は
相互に影響しあって働きます。



ビタミンB6〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ビタミンB6美容と栄養〜


ビタミンB6とは、たんぱく質の代謝を促し、
皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素。

ビタミンB6(ピリドキシン) は水溶性ビタミンです。

腸内細菌によって合成されることがあるので、
欠乏症が起こりにくいといわれているが、
抗生物質を長期間服用していることで、
腸内細菌の数が減少していたり、
あるいはホルモンの関係で欠乏する場合もある。

ビタミン6はたんぱく質からのエネルギー生産や
脂質の代謝、刺激伝達物質の生成に用いられます。

また、ビタミンB12や葉酸と共同して動脈硬化を
防ぐ働きや免疫力を強化する働きもします。

つわりや月経痛の軽減にも効果が
あるとされています。

ビタミンB6が不足すると、肌荒れや口内炎、
貧血、動脈硬化、脂肪肝などになります。

発育期の子供や妊婦・授乳婦には
不可欠な栄養素である。

過剰摂取すると安眠できないなどの神経系の
障害を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

ビタミンB6の一日の摂取基準量(成人)は
男:1.6mg、女:1.2mgです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。