美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ビタミンB1〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ビタミンB1美容と栄養〜


ビタミンB1は疲労回復のビタミンと呼ばれ、
炭水化物や糖質をエネルギーに変換するのに
不可欠な存在です。


体内で炭水化物をエネルギーに変換するのに
不可欠な存在です。


脳の原動力であるブドウ糖なども、
エネルギーに変えてくれます。

ビタミンB1が不足して、糖質がエネルギーとして
利用できなくなると、脳だけでなく体に乳酸などの
疲労物質が溜まりやすくなります。

結果、だるさや倦怠感などの原因になってしまいます。

欠乏すると、血液中にグルコース代謝の中間物が
多量に蓄積し、エネルギー生産に支障をきたし、
脚気や多発性神経炎の原因となります。

また、糖質の分解に関わるため甘いものを
摂りすぎると大量に消費されて不足の原因となります。

脳内の神経伝達物質を正常に保つ働きがあることから、
アルツハイマー病にも効果があるとの報告も寄せられている、
注目のサプリメントです。

ビタミンB1の一日の摂取基準量(成人)は
男:1.1mg、女:0.8mgです。




ビタミンA〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ビタミンA美容と栄養〜


ビタミンAには植物からとる「カロチン(βカロチン)」と
動物からとる「レチノール」の2種類があります。

レチノールはとりすぎると食欲不振や吐き気などの
過剰症状が起こります。

カロチンは体内で必要に応じてビタミンAに
変換されるので過剰症状が起こりません。

ビタミンAは脂溶性で熱にも強いので、
油と一緒に摂取するか、油で調理して摂取すると
吸収率が上がります。

ビタミンAとは、視力の維持を助け、皮膚や粘膜の
健康維持を助ける、肺・気管支などの呼吸器系統の
病気の感染に対して抵抗力をつける、成長を促進するなどの
働きをもつ栄養素。

不足すると暗がりで物が見えない夜盲症になります。

さらに、ビタミンB、E、D、カルシウム、リン、
亜鉛は、ビタミンAが十分でないとその効果が
発揮されません。

脂質に溶ける脂溶性ビタミンなので、
油で炒めて食べると吸収率が上がる。


ビタミンAの一日の摂取基準量(成人)は
男:600μg、女:540μgです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。