美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ヒスチジン〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ヒスチジン美容と栄養〜


名前はギリシャ語で「組織」という意味です。

ヒスチジンは、必須アミノ酸のひとつです。

体内ではヒスタミンやカルノシンにに変換されます。

ヒスチジンには交感神経を刺激して
脂肪分解の促進する作用や、抗酸化作用が
あることも分かっています。

ヒスチジンは、マグロ、サバ、イワシ、アジ、
サンマなどの刺身・干物に多く含まれています。

また、ヒスチジンが食品内でヒスタミンに
変化していることもあります。

これらの食品を摂取した場合、体内にヒスタミンが
蓄積されて、頭痛・紅潮・発疹・かゆみ・嘔吐・
動悸などの中毒症状が生じる場合もあります。


<ヒスチジンを多く含む食品>

・青魚
・子牛肉
・鶏肉
・ハム
・チェダーチーズ
・ドライミルク

などなど・・・・


<ヒスチジンの効果>

成長に関与するほかに、神経機能の補助的役割を
果たします。

ヒスチジンは、慢性関節炎の症状緩和、
ストレス軽減、性的エネルギーを促すはたらきもあります。



ヒスタミン〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ヒスタミン美容と栄養〜


ヒスチジンから合成されるアミノ酸の一種。

ヒスタミンとは、免疫系に関係する信号伝達物質です。

普通は、のどや鼻粘膜の上皮に多い肥満細胞や
好塩基球などに存在するが、外傷や火傷、毒物、薬物、
アレルギーの原因となる物質が体内に入ると
活性化し、細胞から放出される。

アレルゲンが体内に侵入すると、ヒスタミンが
放出されますが、これが過剰に放出されると
鼻水、発赤・かゆみ・浮腫(ふしゆ)・痛みといった
アレルギー症状を引き起こします。

これは放出されたヒスタミンが、
ヒスタミン1型受容体(H1受容体)というたんぱく質と
結合することによって起こります。

抗ヒスタミン剤は受容器の接着部分を
覆ってしまうことで結合を防ぎ、
症状を抑えます。


ヒスタミンを抑えるためには抗ヒスタミン薬が有効です。

抗ヒスタミン薬類は下記の症状を防ぎます。

・ 気管支の収縮
・ じんま疹
・ 皮膚の赤み、痒み
・ 流涙
・ 鼻漏

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。