美容に欠かせない栄養

美容に欠かせない栄養 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ひじき〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ひじき美容と栄養〜


ひじきは、ホンダワラ科の海藻で、
日本近海の波の荒い外海の岩礁に育つ。

ひじきは海藻の一種です。

ひじき100g中には、鉄/55.0mg、マグネシウム/620mg、
カルシウム/1400mg、食物繊維/43.3gなどが
含まれています。

ミネラルを豊富に含むのが特徴で、牛乳の500倍の鉄、
昆布の2倍のカルシウムを含んでいます。

ただし、ひじきの鉄分は吸収がよくないので、
吸収を高めるためにビタミンCと一緒にとると
いいでしょう。

便秘の解消や、骨・歯の生育、いらいら防止、
貧血や高血圧の予防にも効果が期待できます。

ひじきには、長ひじきと芽ひじきと
呼ばれるものがあるが種類が違うのではなく、
茎が長ひじき、先端の芽や小枝の部分が
芽ひじきといわれる。

国内産はほぼ100%が天然物だが、
流通しているものの90%が韓国、中国からの
輸入品で、その大部分は養殖物となっている。


【ひじきの種類】

・長ひじき
 ↓↓↓
煮物、炒め物、和え物、サラダなどに適している

・芽ひじき
 ↓↓↓
煮物、和え物に適している


【ひじきの目利きのポイント・保存方法】

色が黒く、ぴんとしているものが良品。

干しひじきには湿気が厳禁。

開封後は、密閉して冷暗所で保存。

冷凍保存も可能で、長期にわたって保存ができる。

生ひじきは日持ちしないので、
冷蔵庫に保存し、早めに使い切る。

ビクノジエノール〜美容と栄養〜

美容に欠かせない栄養」

ビクノジエノール美容と栄養〜


ビクノジエノールはフランスの海岸に自生する
松の樹皮からの抽出されたフラボノイドを
含む有効成分です。

主成分はプロアントシアニジンで、
活性酸素を除去する抗酸化作用を持っている。

40種類以上ものフラボノイドを含み、
ビタミンCやEをはるかに超える抗酸化作用を持っています。

またコラーゲンに働きかけ活性化させます。

そのため肌の老化を防ぎ、を守る栄養素として
「飲む化粧品」とも言われています。

関節痛や月経不順、生活習慣病予防、注意力障害、
心臓疾患や脳卒中、痛風の改善、アトピー性皮膚炎、
皮膚の老化、アレルギー性体質の改善などに有効とされる。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。