美容整形用語辞典

美容整形用語辞典 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

老人性シミ〜美容整形〜

美容整形用語」

老人性シミ


老人性シミとは、加齢とともに生じて
発生するメラニンによって出来るシミ。

老人性シミとは、額やこめかみ、頬などに多くみられる
茶色の薄いシミのことである。

加齢とともに肌の細胞の傷みから、保護するように
メラニンが生じてくるために現れます。

このシミが皮膚の良性腫瘍の1種で、小さなうちは、
ソバカスに似ているため、わかりづらいのが特徴。

ソバカスに似ているがメラニン色素の増殖が原因なわけではなく、
加齢や紫外線が影響してでき、治療せずに放っておくと、
さらに厚く、大きくなってしまうものです。


レスチレン〜美容整形〜


美容整形用語」

レスチレン


レスチレンは肌の中にある、肌のつやを保つ成分のことで、
ヒアルロン酸とも言われている。

浸透する真皮層に応じて、ヒアルロン酸の分子の大きさを操作。

このコラーゲンの働きを助けるレスチレン
加齢とともにに肌の表面から失われ、
肌の弾力性がなくなり、しわの出来る原因の一つとなる。

分子の一番小さいレスチレンファインライン
真皮浅層までのごく表面的な小ジワに、それよりやや深い、
真皮中層までのシワの場合はレスチレン
さらに深い真皮層深部に達する本格的なシワの場合は
パーレーンといった選択ができる。

このレスチレンを皮膚に直接注入することにより肌が
活性化されることで、若々しい肌を保つ事が出来るといわれている。

効果は1年ほどで、またアレルギーなどの副作用の
心配は無いと言われている。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。