美容整形用語辞典

美容整形用語辞典 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

脂肪吸引〜美容整形〜

美容整形用語」

脂肪吸引


脂肪吸引とは美容整形外科において、お腹やお尻、太もも、
二の腕などの体の気になる部分の脂肪細胞の数を
コントロールする治療です。

脂肪吸引の仕組を簡単に説明すると、
気になる部分にカニューラと呼ばれる吸引管を挿入し脂肪
丁寧に吸引するという物です。

もともと体内にある脂肪細胞の総数は
人それぞれに決まっているので、脂肪吸引によって
脂肪細胞の数を減らすのでリバウンドの問題は少ないようです。

脂肪吸引が理想的なボディラインを手にい入れる究極の
ダイエット方法として紹介される由縁です。


脂肪吸引脂肪細胞そのものをとってしまうため、
リバウンドはないとされている。


色素沈着〜美容整形〜

美容整形用語」

色素沈着

シミそばかすのように、の1部が黒ずんで
しまうことをいいます。

原因はいくつかありますが基本的には、
紫外線やホルモンバランスの乱れなどで、
シミの元であるメラニンと呼ばれるものが
皮膚の奥の方にたまる、化粧かぶれ、
タオルなどの摩擦刺激が多いようです。

日焼けの場合は、表皮にメラニンが増えて
色が黒くなりますが2〜3ヶ月で色は薄くなります。

しみ・そばかす・くすみなどを防ぐには強い紫外線はもとより、
直接肌に紫外線を浴びせないことがあげられる。

また、通常メラニン色素は古い角質となってはがれ落ちるものの、
新陳代謝の働きが鈍るとそれが残ってしまい、
その残った状態がシミやそばかすとなってに現れてします。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。