美容整形用語辞典

美容整形用語辞典 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

コラーゲン〜美容整形〜

美容整形用語」

コラーゲン

コラーゲンは、からだの中で皮ふや骨、軟骨、腱、血管などに
多く含まれるタンパク質です。

体内には体重の約16%(体重60kgの人で約10kg)の
タンパク質がありますが、
その約30%がコラーゲン(体重の約5%)です。

コラーゲンは、本来は人間の体内にあるものの、
年齢を重ねる事にそのコラーゲンは減少し、皮膚の老化が始まる。

皮下にコラーゲンを注入すること、シワの溝を埋め、
シワを目立たなくさせることができる。

従来からのコラーゲン注入剤というものは牛の組織を製品化したものが多いが、
人の細胞を培養したコラーゲンも開発され、話題になっている。

コラーゲンの主な役割は、からだの各組織が
バラバラにならないように支持することです。

また、水分を保持し、からだが干からびないようにする
役割も担っています。

さらに、3本の鎖状の繊維が「らせん状」に絡まった
特殊な構造をしていて、バネのように伸び縮みするので、
肌のツヤとハリが保たれ、骨にしなやかさと強度が生まれます。

硬膜外麻酔〜美容整形〜


美容整形用語」

硬膜外麻酔


硬膜外麻酔とは、背柱のすき間に入れた細いチューブから
麻酔薬を注入して神経を麻痺させる方法を硬膜外麻酔といいます。

脂肪吸引バストアップ豊胸術に使用されることが
多い麻酔としています。

通常手術の場合でも全身麻酔と併用して手術中に用いたり、
術後の痛み止めとして使用したりします。

硬膜外麻酔 のみの使用ですと全身麻酔のように
意識がなくなることはなく、また手術中に血圧が下がるなどの
リスキーな面もあるとされる。

また、患者さんによっては硬膜外麻酔がうまく効かない場合があります。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。