美容整形用語辞典

美容整形用語辞典 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

アレキサンドライトレーザー〜美容整形〜

美容整形用語」

アレキサンドライトレーザー


アレキサンドライトレーザーは、
医療レーザー機器の一種で、
美容整形外科でのレーザー脱毛に適しているといわれている。

アレキサンドライトという宝石を用いて可視光と赤外線の
中間程度の赤色光線を出す。皮膚表面の真皮のメラニンのみを
反応する性質があり、シミやソバカスの治療にも使用されている。

また、黒や茶色いシミ (へん平母斑、老人性色素斑)、ソバカス、
青いアザ (太田母斑、蒙古斑)タトゥー(刺青) 
を消すなどに使用される。

毛に含まれるメラニン色素をターゲットに毛を焼いて、
毛根の周囲にある毛をつくる毛母細胞を破壊する脱毛にも利用される。


アポノイローシス〜美容整形〜

美容整形用語」

アポノイローシス



アポノイローシスとは、二重まぶたを基本的に
構成している細い筋組織のこと。

二重まぶたを構成する細い筋組織をアポノイローシスと呼びます。

美容整形において二重まぶたを作る場合、
この筋組織に髪の毛より細い特殊なナイロン糸を
埋め込むことにより、自然な組織構造に近づけることが
美しい仕上がりのポイントとなります。

それによって、本来の組織構造に近づけている。

その為にまぶたをこの自然な組織構造にどうやって近づけるかが、
二重まぶたの美容整形のポイントとなる。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。