美容整形用語辞典

美容整形用語辞典 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

アポクリン腺〜美容整形〜

美容整形用語」

アポクリン腺


臭いの元を出す汗腺の一種。

アポクリン腺とは、大汗腺で、特定のワキの下や乳輪
陰部などの部位に分布している汗腺のこと。


粘液性で水のようではないため、下着などにつくと境界がはっきりした
黄色い色となってしまい、取れにくい。
ワキ以外に陰部(すそワキガ)、耳、胸や背中などにある。

細菌と反応して強い独特の臭いを発生する。

通常の汗はエクリン腺で、アポクリン腺とは違うもの。

アポクリン腺から分泌される物質にはアンモニア、
脂肪などが含まれワキガの原因臭となり、
ワキガはこのアポクリン腺分泌の影響が大きいと言われている。


アプトス〜美容整形〜

美容整形用語」

アプトス


アプトスとは、老化によるたるみを矯正する美容整形
美容クリニックの施術方法スパイラルリフトの一つ。

アプトスは10p〜12p程度の糸を用い、
年齢や重力によって下垂した脂肪や組織を
若いときの位置に戻すという方法です。

頬のたるみを若々しく引き締めたり、
鼻唇溝の改善にはアプトスが有効的です。

アプトスリフトとも呼ばれるプチ整形で、
そのプチ整形の内容は特殊加工した糸には、
表面に特殊なギザギザがあり、皮下組織に引っかけ、
リフトした肌を保持する。つまり皮膚を切開せず、
注射感覚で、特殊な糸を皮膚の下に通して、
肌のたるみをリフトアップするプチ整形のこと。

年齢によりのたるみや、シワに効果的と
言われているプチ整形の一つでもある。

局部麻酔をして30分ほどのプチ整形で施術は終了し、
翌日から洗顔、メイクも可能。

また、その術効果は、に立体感を与えるとともに、
肌に張りを出し、若々しいイメージになると言われている。
スパイラルリフトのもう一つはダブルトシス


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。