美容整形用語辞典

美容整形用語辞典 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

アスコルビン酸〜美容整形〜

美容整形用語」

アスコルビン酸


アスコルビン酸とは、無色の水溶性ビタミンで、

アスコルビン酸は、ビタミンCの正式な名称。

ビタミンCは、抗酸化作用が主な働きで、
シミ、シワの塗りクスリや化粧品に配合される。

ビタミンCが不足すると、細胞の組織が
破壊され出血する壊血病と呼ばれる病気になることから、
壊血病ビタミンとも言われている。

健康なの維持に欠かせない物質。

また、果実などに含まれるビタミンCは体内から、
健康なを作り上げるに必要な成分であり、
果物類も積極的に摂取することも美肌効果が期待出来る。

ミカンやレモンなどの柑橘類、キウイ・いちご・メロンなどの
果物や野菜類など食品類や、サプリメント、
化粧品などから摂取する必要がある。

アクネ菌〜美容整形〜

美容整形用語」

アクネ菌


アクネ菌は、皮脂を好み毛穴の中で分解して脂肪酸を作る。

毛穴の中にたまった脂肪酸は紫外線や酸素などで酸化し、
黒ずんでくる。

皮脂が黒ずんで角栓をつくった状態が黒ニキビ。

毛穴に詰まった汚れや皮脂が原因で、アクネ菌といい
細菌が増殖します。

このアクネ菌が、ニキビの症状を悪化させる原因の1つなのです。

このアクネ菌は誰にでも存在する菌で、
皮脂が多いところに多く存在して、
汚れなどで詰まった毛穴などは、アクネ菌が好む絶好の場所です。

毛穴につまった角質層や酸化した皮脂を毛穴につまらないように、
キレイに洗顔することが重要。

ニキビ予防にはこのアクネ菌を増殖させないことが必要です。

ニキビがひどくなったときには、潰さず、美容クリニック
皮膚科などの専門医に診察を受けることが大切。

例えば、ニキビが多くできる場所は決まっています。
顔、胸、背中などが多く挙げられます。

この部分には他の場所よりもたくさんの皮脂が分泌され、
余分な皮脂が毛穴をふさいで、アクネ菌の増殖を促し、
結果的にニキビの症状を悪化させる原因になっているのです。

の手入れを怠り、毛穴に汚れや皮脂が詰まったまま、
放置してしまうと、ドンドンアクネ菌が増殖し、あっ!と言う間に
ニキビが顔、背中に広がっていきます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。