あるある大辞典より

あるある大辞典より のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

「あるある大辞典より」10日間で変わる!「顔やせ」の科学 2004/10/31放送

あるある大辞典より」10日間で変わる!「顔やせ」の科学 2004/10/31放送


<どうして顔が大きくなっちゃうの?>


実は、顔が大きく見える原因は、アゴと頬の筋肉の
衰えによって、本来の【輪郭】が崩れるためなのです。


<顔が大きくなる原因>

アゴ →あごの二種類の筋肉の衰えと、リンパの停滞

頬 →ブッカルファット(頬の脂肪)の垂れ下がり

これらが衰えている人が増えている原因は、
「対人コミュニケーション」が減って、
「喜怒哀楽」、「会話」などが減少したため、
頬の筋肉「表情筋」が衰えたことと、
やわらかい食べ物などの食べすぎによるアゴの
二種類の筋肉「顎二腹筋」、「顎舌骨筋」の衰えによるものです。

これらの筋肉が衰えることで、アゴは垂れてきて、
さらに「リンパ」の流れが停滞して、アゴに溜まってしまいます。

頬は、「表情筋」が衰えることで、
頬の脂肪(ブッカルファット)が垂れ下がってきてしまうのです。


改善法は、これらの「筋肉」を
鍛えることと「リンパ」の流れを促進すること。

顔やせ、スッキリとした「小顔」を
実現する「エクササイズ法」

あるある」では、ペットボトルを使った、
頬とアゴをスッキリさせる三種類の
「エクササイズ」を伝授してました。

「あるある流 二重アゴ解消エクササイズ」

<リンパの流れを解消>


<丸みを帯びた空のペットボトルを用意>

〜準備運動〜
・鎖骨の下側に沿って、やさしくマッサージ
・耳を指でつまんで、30秒ほどほぐす

1.
ペットボトルの丸い部分で、目の上から耳へ。
目の下からも耳に向かって、左右それぞれ1回づつ押し出す。
(痛くない程度に)

2.
下アゴから、頬、耳へと左右それぞれ1回づつ押し出す。

3.
首筋を上から下へと左右それぞれ一回づつ押し出す。

(3セットを一日3回、ゆっくりと行う)



<アゴの筋肉を鍛えて、たるみを取るトレーニング>

1.
首すじが垂直になるまで上を向き、下アゴを大きく開く。
(顎二腹筋を鍛える)

2.
舌をまっすぐ上に向けて伸ばし、5秒間キープ。
(顎舌骨筋を刺激する)

3.
まっすぐ舌を伸ばした上体で、大きく3回、舌をまわす。
(アゴ全体の筋肉を鍛える)

(3セットを一日3回、ゆっくりと行う)


<あるある流 頬のエクササイズ>

表情筋を鍛えて、頬の脂肪を元に戻す


・空の500ミリリットルのペットボトルを用意

1.
ペットボトルの頭を口に入れ、上下、左右、
斜めの八方向にくちびるを押し出す。
その時、くちびるは、それを押し返すようにして
負荷をかける。
(3回行う)

2.
ペットボトルの中の空気を頬がへこむほど、
5秒かけて吸い込み、5秒かけて口の中の空気を
ペットボトルに吐き出す。
(頬の筋肉を意識して使うのがコツ)

(3セットを一日3回、ゆっくりと行う)


歳をとると、になったり、何だか顔が
大きくなってしまうような気がしていたのは、
主に「筋肉」の衰えと、「リンパ」の流れの
停滞が原因だったんです。

その証拠に、例え若くても顔の筋肉が
衰えるような生活習慣を送っている人は
、やはり輪郭がたるんでくるし、番組の
モニターテストでも、かなり年配の人でも顔の
筋肉を鍛えただけで、わずかな期間に
別人のように「顔やせ」できて、輪郭が
小顔」に変化してました。



「あるある大辞典より」2週間でお尻のたるみが消える!? 2004/10/10放送

あるある大辞典より」2週間でお尻のたるみが消える!? 2004/10/10放送
 
<どうして“ピーマン尻”になるのだろう??>

・一般に美しいと言われているお尻の形が、
 「ピーチ尻」

トップの位置が高い
適度な丸み

・40才を過ぎると、二人に一人の
 割合でなってしまうのが、「ピーマン尻」

トップの位置が低い
が多く、四角く見える

では、 

なぜお尻の形に、この二つの差が
生まれるのでしょうか?

実は、“ピーマン尻”になってしまう主な原因は、
二種類の筋肉の衰えによるものだった。

その二種類の筋肉こそが、大でん筋と、
ハムストリングス

<大でん筋> 
お尻の大半の部分を占めるホッペの部分

<ハムストリングス>
太ももの裏側の部分のお尻を持ち上げる筋肉

この「大てん筋」と「ハムストリグス」という
二種類の筋肉が衰えると、お尻と太ももの
境目(でんこう)が消えてきて、
お尻が垂れ下がってきてしまうのです。

<「大でん筋」と「ハムストリングス」の鍛え方>

この二つの筋肉を鍛えるために
有効な方法の一つが、「つま先立ち」。

歩く時や階段を上る時に意識して行う。

しかし、この方法では時間がかかりすぎます。

そこで「あるある大辞典」が提案する
エクササイズ法が、名づけて「グッモーニング」


約二週間ほどで目に見えるような効果が
現れるという方法。

あるある式、美尻エクササイズ【グッモーニング】


1.
胸の前で、右の手の平を左の肩に乗せ、
左の手の平を右の肩に乗せて腕をクロスして組む

2.
足を肩幅ていどに開いて軽く膝を曲げる

3.
そのまま背筋をまっすぐに伸ばしたまま腰を
直角に曲げる(お尻を突き出す感じ)

4.
また元の姿勢に戻って、同じ動作を繰り返す。

一度に10回を1セットとして、一日に3回。
二週間続けます。

※主にお尻から太ももの裏側に負荷がかかるはずです。


このエクササイズによって、
ヒップアップすると同時に、この二つの筋肉は
大きいため、同時に「基礎代謝」を高めることにも
つながり、お尻の皮下脂肪もダウンします。




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。