あるある大辞典より

あるある大辞典より のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

「あるある大辞典より」基礎代謝を高めるための『筋肉』と『体温』2004/08/22放送

「あるある大辞典より」基礎代謝を高めるための『筋肉』と『体温』2004/08/22放送


基礎代謝って何?

「基礎代謝」とは、全く何の運動もしていない
状態でも、呼吸をしたり、心臓を動かしたり、
体温を保ったりするために消費されている
「エネルギー」の事をいいます。

「生きていくために最低限必要な
エネルギー」のことなんです。

基礎代謝と、ダイエットの関係

例えば、「イチゴケーキ」1個で
(300キロカロリー)ですが、
これを消費するためには、1時間40分ほど
早めの速度で歩く必要がある。

洗濯や炊事などの日常生活で
消費されるエネルギーの量は
一日に、約【800キロカロリー】程度です。

ところが、我々は、一日に
平均「2000キロカロリー」ほどを
食事で摂取しています。

では、残りの「1200キロカロリー」は、
というと、「基礎代謝」によって消費されているわけです。

だから、「基礎代謝量」が正常であれば、
普通に生活していて太ることはない。

ところが、「基礎代謝量」は、通常、18才前後で
ピークとなり、その後年齢とともに
低下して行くと云われており、一定の年齢になって、
食べる量は昔と変わらない。

いや、むしろ減っているにもかかわず、
太ってきたとすれば、
それは「基礎代謝」の低下が原因である
可能性が大きいといえます。

しかも、最近では、比較的若くても
「基礎代謝」の低い人が目立ってきていると
云われております。

<基礎代謝を高める方法>

低下ぎみの「基礎代謝」を高めるためには、
いくつかの要因があるが、
そのうち「あるある」が特に着目したのが、
「筋肉」と「体温」です。

実は「筋肉」は、何の運動をしていない状態で
あっても、かなりのエネルギーを使っており、
つまりは、「筋肉」が多いと、
「基礎代謝」が高いといえます。

確かに、筋肉質の人はいくら食べても
太らないと云われており、あれは食べても、
食べた分だけちゃんと「筋肉」が
消費してくれるためなのです。

全身の筋肉を鍛えておくのが
一番良いのでしょうが、特に「基礎代謝」を
高めるうえでボイント的に効果的なのが、
「背中」の筋肉との事です。

番組では、その鍛え方として、
「ヨガ」のポーズを進めていました。

<方法はいたって簡単>

よつんばいになって、手とひざを床に付け、
片方の腕を床と並行に伸ばし、腕と反対の足を
同じように床と並行に延ばす。

左右交互に、5秒間づつ。
これを左右「10回」づつ、一日に2セット行う。

というものです。

でも「姿勢」を正す習慣を付けるだけでも、
かなり違うみたいですね。


次に、「体温」

この体温も、エネルギーを
かなり消費し、「基礎代謝」をアップするわけです。

しかし、「低体温」の人や、低温の環境で
体温を上げられない体質の人は、
「基礎代謝」が低下ぎみとなるというわけです。

この「体温調整」を正常にして、体温を
上昇させる方法として「あるある」が
紹介していたのが、カラダに
いくつかある「冷点」という箇所の刺激。

「冷点」を刺激すると、「脳」が冷たいと感じて、
体温を上げようとする機能を活用したものです。

特に刺激すると効果的な「冷点」が、
「手のひら」ということなんですね。

番組で紹介していた刺激方は、
水を入れて凍らせた二本のペットボトルを持って、
腕を回す。そして首を上下に動かして、
15回腕を回したら、手のひらを
「お湯」につけるというもの。

これを繰り返すことで、「体温」を
上昇させ、「基礎代謝」をアップできるとの事です。

「筋肉」を付ける、ということと
「体温」を上げることが「基礎代謝」のアップに
つながるのは、間違いないです。

「基礎代謝」を上げるというのは、
ダイエットだけではなく、お肌やホルモンの
状態など、全身をいつまでも若く保つためには、
絶対条件なんですね。


<関連記事>

基礎代謝関連記事

ヨガ関連記事


「あるある大辞典より」酸素水って何!? 2004/08/08放送

あるある大辞典より」酸素水って何!? 2004/08/08放送


カナダで大人気のミネラルウォーターが、酸素入りの
ミネラルウォーター、「酸素水」。

日本でも、2〜3年前から売られてはいるのですが、
あまり知られていないようです。


通常の水道水にも、1リットルに4mgから
6mgの酸素が含まれていますが、酸素水は、最新の技術を
使って、濃縮された酸素を融合させた水のことなんです。

酸素水は、酸素がとっても多く含まれている水という事です。


酸素をたくさん体に取り込むことで、いろいろな効果が
期待できることは以前の「あるある大辞典」でも紹介しまていました。

 例えば。
・視力の向上
・記憶力、集中力の向上
・疲労、二日酔いなどの軽減
脂肪燃焼効率の向上

などなど


ところが最近は、「運動不足」、
「鉄分の不足によるヘモグロビンの減少」、
「喫煙」などによって、酸欠ぎみの人が増えています。


以下の症状のある方は、「酸欠状態」の可能性が高いと
云えるでしょう。

・よくあくびが出る
・目が疲れやすい
・睡眠は十分なのに、よく眠くなる
ダイエットしても痩せにくい
・お酒が残りにくい

こういった症状に心当たりのある方は、
手軽に飲むだけで同時に「酸素」が補給できる、
「酸素水」をお勧めします。

実際、番組のレポーターも、「酸素水」を飲んだだけで、
「ものの見え方(視力)がクッキリしてきた!」と大好評でした。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。