ウォーキングダイエット

ウォーキングダイエット のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

ウォーキングシューズとウォーキングシューズの履き方

ウォーキングシューズとウォーキングシューズの履き方


ウォーキングシューズについて

ウォーキングは健康に気づかう人が行なう運動の定番となっています。
「よしっ、運動するぞ!」と意気込んで始めなくても、ちょっと自分の時間を工夫すれば始められるので、気軽にできる運動として人気があります。
でもやっぱり、毎日続けて歩くからには、それなりのウォーキンググッズを揃えておきたいという人もあるでしょう。

ウォーキンググッズといえば、まず大切なのはシューズです。
ウォーキング中の歩き方は、なるべく歩幅を広くとるように意識し、かかとからしっかり着地し、土踏まず、つま先へと体重を移動させます。
アスファルトであったり公園の芝生であったり、砂利道ということもあるでしょう。
そのため、シューズの靴底はクッション性があり、さらに滑りにくいものにする必要があります。

インターネット通販などでもさまざまな機能をそろえたウォーキングシューズが販売されていますが、必ず試着をした上で購入することをお勧めします。
同じサイズでも、実際に履いてみるとフィット感が違うこともあります。
また、脚の筋力アップのために、おもりの入ったシューズなどもありますが、これはウォーキングに慣れた人向きでしょう。

健康のためにウォーキングを始めたのに、足や腰への負担がかかって続けられないのでは意味がありません。
ウォーキングの基本となるシューズ選びは、慎重に、材質や機能をよく考えて自分のからだと目的に合ったものを決められるとよいかと思います。


ウォーキングシューズの履き方

これから「よし、歩こう」と気合い十分な人、まず揃えたいウォーキンググッズといえば、専用の靴ですよね。
普段から履きなれている運動靴でもよいのですが、長くウォーキングを続けるつもりなら、それに合った専用のシューズを購入するのもよいかと思います。

ウォーキングシューズはいろいろなタイプのものが販売されています。
それぞれの特徴をよく見て、自分の歩く目的に合っているか、実際の履きやすさはどうかなど慎重に選びたいですね。
足の甲の部分は、歩いて足を踏み込んだときに窮屈になりがちなので、これに対応して伸びるようなひもの通し方をしておくとよいです。
ウォーキングに適したひもの通し方は、穴の内側から外側に向かってひもを通す方法です。
このようにひもを組み上げておくと、甲が張り出したときの窮屈さが緩和され、動きやすくなるでしょう。

またせっかくウォーキンググッズとして揃えた靴ですから、長く使うためにもお手入れはきちんとしましょう。
汚れたら洗うことはもちろん、中敷を抜いて靴のつま先部分の毛玉をとったり、靴底の減り具合や縫い目のほつれがないかなどのチェックも必要です。
靴は履き続けることで自分の足に合ってきますので、大切に扱って、足に合った靴を長く使ってください。

ウォーキング服装 夏と冬

ウォーキング服装 夏と冬


ウォーキング服装 夏

うだるような暑さの夏、せみの鳴き声も聞こえないエアコンのきいた室内から出られない人も多いでしょう。
そんな中でも、ウォーキングを楽しんでいる人たちがいます。

毎日のウォーキングを日課にしている人は、まず日中の炎天下では歩くことはないでしょう。

丸首のTシャツがいいように感じますが、首は特に日焼けしやすい部分ですので、襟付きのシャツを襟を立てて着るか、首に手ぬぐいやバンダナを巻くという方法もあります。
ウォーキンググッズとして、水を含むとひんやり感じさせる素材でできたバンダナも販売されていますので、首や頭に巻いて使うのもよいでしょう。
また、普段から日焼けしていない人は、半ズボンは避けたほうがよいと思います。
膝の裏側が意外と気付かないうちにひどい日焼けをしていまうことがあるので、丈の長めのズボンをお勧めします。
素材は通気性、吸水性、発散性の高いものを選びましょう。
UV効果のあるシャツやズボンも販売されていますので、ウォーキンググッズとして数枚持っておくとよいでしょう。
帽子はもちろん必需品です。
また、自宅から出発して自宅に帰るまでのウォーキングの場合はよいのですが、歩いたあと電車に乗って帰宅する場合などは、予備の着替え用シャツを用意しておくと、周囲に気兼ねなく過ごせると思います。


ウォーキング服装 冬

寒い冬、暖かい部屋から出たくないですね。
朝、布団から起き上がるのさえおっくうなのに、わざわざ早朝ウォーキングに出かけるなんて・・・
でも冬にランニングやウォーキングを行なう人が意外と多いのは、寒い中でも動くことによってからだが温まり、活性化するからでしょうか。
寒い季節にウォーキングをするにあたって、揃えておきたいウォーキンググッズがいくつかあります。

冬場のウォーキングでは重ね着でこまめに温度を調節することが大切です。
素材によっては、雨よけ(レインコート)になるものもあります。
また、脱ぎ着した上着を入れるためのザックも必要です。
首周りから体温が逃げて行くのを防ぐために、マフラーも欲しいですね。
ズボンの中には、寒ければインナーウェアをプラスするとよいと思います。
また、歩いているときは暖かくても、休憩するときにはからだが冷えるので注意が必要です。
服装ではないですが、保温マットなどがあると、休憩時に体温が逃げるのを防ぐことができるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。