バストアップ方法

バストアップ方法 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

セリューション豊胸術

セリューション豊胸術

世界が注目する最先端の豊胸術のセリューション豊胸術が日本で受けられるようになりました。


今、世界で注目されている豊胸術をご存知ですか?
自分の脂肪を使うので安全・安心しかも効果は半永久的
セリューション豊胸術 (脂肪由来幹細胞移植)美容目では世界で初めて聖心美容外科が当システムを導入しました。
聖心美容外科東京院・大阪院限定の施術です。
※大阪は08年5月より開始予定です。

近年最先端医療として世界で研究が進められている再生医療。
国家プロジェクトの一つとしても重点がおかれています。
その再生医療技術を応用した豊胸術が聖心美容外科でスタートしました。
生涯付き合うご自身の胸。より安心で安全な方法で大きくしたいですよね。
そんな想いに応えるのが、この『セリューション豊胸術(脂肪由来幹細胞移植)』なのです。

セリューション豊胸術 メリット

・自分の脂肪組織を使用するため、異物反応などの心配がない、より安全な施術といえます。
・脂肪由来幹細胞移植により注入した脂肪はその生着率(定着する割合)が、80%〜90%(※)まで高まります。

・シコリは「生着しなかった脂肪」が変化したものです。脂肪の生着率が上がる事でシコリができる確率も格段に下がります。

・通常の脂肪注入法と比べて脂肪の生着が極めて高く、生着した脂肪は、半永久的に残るため再注入の心配もありません。


セリューション豊胸術 特徴

移植された幹細胞は新しい脂肪組織に分化したり、血管内皮細胞に分化したりするため、通常の脂肪注入法と比べて、脂肪の生着率(定着する割合)が極めてが 高く、持続期間が長いことが特徴です。
また自分の脂肪組織を使用するため、異物反応などの心配がない、より安全な施術といえます。


『脂肪由来幹細胞』は、2001年米国サイトリ・セラピューティクス社の創始者であるマーク・ヘドリック博士(Dr.Marc Hedrick/当時UCLA助教授)の研究グループによって発見された、皮下脂肪組織に存在する体性幹細胞の一種です。優れた特徴を持つことから、乳房再建や豊胸施術への応用における有効性が期待されています。

聖心美容外科では脂肪幹細胞移植の実施にあたり、サイトリセラピューティクス社のセリューションシステムを導入しました。
当システムは乳ガン患者の乳房再建では実績がありますが、美容目的としては世界初となります。
現在、セリューションシステムを用いた医療分野への応用が世界各国で幅広く行われ始めており、ドイツやスペインなど約22施設の医療機関において臨床実験実績があります。
脂肪吸引を行うと、吸引された脂肪中の幹細胞は減少してしまいます。 つまりそのまま移植しても幹細胞の役割は弱まってしまいます。 そのため次第に脂肪が体内に吸収されてしまい十分な豊胸効果を得ることができません。

バストアップ プエラリアと女性ホルモンの関係

バストアップ プエラリアと女性ホルモンの関係


プエラリア バストアップの関係

プエラリアとは正確にはプエラリア・ミリフィカというタイに自生するマメ科の植物です。
タイではガウクルワと呼ばれているものです。

現地の人や一部の人にしか知られていなかったプエラリアは、1960年にイギリスの科学誌「ネイチャー」に取り上げられ、世界中の研究者の注目を集めるようになりました。
プエラリアは女性ホルモンに似た働きを持つ植物性エストロゲン、イソフラボンを多く含み、その含有量は大豆の40倍にも相当すると言われています。
最近のタイ国の大学の研究では、プエラリアの白い塊根が胸部乳腺を増やして活発にし、黄体ホルモンの受容体を増やすことによってバストアップ効果をもたらすことが確認されています。

日本ではサプリメントや美容食品としてプエラリア商品が多く市販されています。

プエラリアの効果は平均2〜3ヶ月で現われるといわれますが、体質や体形によって個人差があり、特に脂肪の少ない人には効果の現われにくい傾向があります。
女性ホルモンの多く分泌される睡眠前や夕食前後に摂取したり、乳製品と一緒に摂取するなどの工夫で、より高い効果が期待されます。

またプエラリアはバストアップの方法としてだけでなく、生理通の軽減、不妊症、更年期障害などの婦人系の症状や、美肌、美髪、ダイエット効果など、他にも多くの効果が確認されていることも魅力の一つです。


バストアップと女性ホルモンの関係

バストの大きさは女性ホルモンと深い関わりがあります。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、この2つがバランスを保ちながら分泌されています。

エストロゲンは卵巣でつくられる女性ホルモンで卵胞ホルモンとも呼ばれています。
エストロゲンの働きを補い、月経周期の維持や出産準備の機能を整えます。

思春期から成長期にかけてこの女性ホルモンが多く分泌されると体に脂肪が多くつき、バストも大きくなります。

反対にこの時期にスポーツなどによる過剰なエネルギー消費や精神的ストレス、
過激なダイエットなどによって女性ホルモンの分泌が減少すると、バストの発育にも影響を及ぼします。

バストアップには女性ホルモンの分泌を促進することが有効だと考えられます。
これまでもバストアップする方法として注射器による女性ホルモンの摂取が行われてきました。
しかし近年では子宮がんのリスクなども明らかになっており、バストアップの方法としては不向きと言われています。

近年、女性ホルモンの分泌や働きを促すサプリメントが多く販売され、バストアップの手軽な方法として多くの女性に利用されています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。