歯列矯正

歯列矯正 のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

歯列矯正と歯列矯正 用語

歯列矯正と歯列矯正 用語


歯列矯正とは

人それぞれが外見的なコンプレックスなどを持っていそうなものですが、歯というのも顔の印象などを作用しそうなもので、何らかの悩みを持つ人も居るかもしれません。

歯といえば虫歯なども思い浮かびますが、歯並びの改善というのも歯医者にかかる理由のひとつかもしれません。

歯列矯正とは、不正咬合を治す歯科診療のひとつのことだそうです。
歯列矯正を行う科は標榜科として認められています。
矯正力によって歯を移動させ、または上顎骨や下顎骨の形態の変化を起こし、審美性、顎口腔機能回復やその予防を目的にします。

不正咬合は様々な疾患、機能障害の原因にもなり、これを取り除く歯列矯正の役割は大きいと言えます。

不正咬合は、個々の歯の位置が不正、複数の歯の位置が不正、上下顎の歯列弓の位置関係の不正などがあるそうです。

その不正咬合の治療が歯列矯正ですが、これを行う時期は個々の症例で様々であるようで一概には言えないそうです。
歯列矯正というと子供が行うイメージも大きいですが、大人でも矯正は可能であるそうです。

矯正の装置には、機械的な力で歯の移動や顎の成長の調整を行う機械的矯正装置、それ自体なんら力を及ぼさせず、患者の口腔周囲の昨日を整える機能的矯正装置のふたつが大きく分けてあるそうです。

また矯正において、目的の位置に歯などが移動した後その位置に固定して、後戻りしないようにする事を保定と言いますが、これは一般的に機械によって行われるそうです。

歯列矯正とはだいたい上に述べた様な事らしいですが、やはりトラブルを避ける為にも予約を守り、定期診断などをきちんと受ける事も大切になってくるようです。


歯列矯正 用語

歯列矯正とは簡単に言うと、メスを入れない歯並びの矯正治療の事らしいのですが、歯列矯正、あまりぴんと来ない人も多いかもしれません。

そこで今回は歯列矯正に関する用語を簡単に見て行きたいと思います。

まず「インビザライン」とは、アメリカで開発された着脱式の矯正装置の事だそうです。
2006年に日本では許可が下りたそうです。

「う歯」とは虫歯ができた歯の事で、「う触」とは虫歯になる事です。
そして「永久歯列期」とは永久歯が生え揃った後から抜けるまでの期間の事です。
「エッジワイズ法」とは、マルチブラケット法のひとつで、現在の歯列矯正において主流の治療法だそうです。
「顎関節症」とは咬み合わせの悪さから生じる顎の機能障害、顎関節部の周りの症状の事です。
「過剰歯」は32本ある永久歯の他に更に生えてくる歯です。
「頬側」とは歯の外側の事です。

また「クリアライナー」とは韓国で開発された着脱式矯正装置だそうです。
「口蓋側」とは上の歯の内側の事、「咬筋」とは咀嚼筋のひとつで、「咬合」とは歯の噛み合わせの事です。

「咬耗」とは、噛んで行く事により表面が擦り減る事で、科学的に歯が溶解する場合にも言うそうです。
「混合歯列期」とは最初の永久歯が生え始めてから、最後の乳歯が抜けるまでの時期を言います。

「歯列弓」とは上下の歯列の曲線、「スタンダードエッジワイズ法」とは歯の位置の調整をワイヤーで行う方式で、「ストレートワイヤー法」とは歯の位置の調整を歯に装着したブラケットで行う方法です。

「セカンドオピニオン」とは主治医以外の医師に診断についての意見を求める事を言います。

「デーモンシステム」とは、従来より摩擦が少ないブラケットと最先端技術を使用した柔らかなワイヤーを用いた治療です。
痛みも少なく、治療期間も短めだそうです。
「8020運動」とは、80歳まで20本の歯を保つという運動です。
健康な歯は痴呆症や寝たきりの防止にもなるというデータがあるそうです。
「不正咬合」とは正しく無い噛み合わせ、「ブラケット」とは、部品を固定する為の道具の事で、歯列矯正の場合は、ワイヤーを通して歯を動かす装置です。
「リテーナー」とは保定装置の事です。
「リラップス」とは、矯正治療後、保定が上手くいかずに動かした歯が元の位置に戻ってしまう事です。
そして「リンガルシステム」とは、歯の裏側に装置を付け行う歯列矯正の事です。

以上簡単に歯列矯正の用語を見て来ましたが、歯列矯正、気になる方などさらに詳しく調べておくと安心かもしれません。

歯列矯正 期間・流れと費用

歯列矯正 期間・流れと費用


歯列矯正 期間・流れ

歯列矯正とはメスを入れずに歯並びを改善する治療の事ですが、メリットはもちろん沢山ありますが、日常生活に負担がかかってくる場合も色々とあります。
その中のひとつにその治療期間の長さなどがあるのですが、今回は歯列矯正治療の期間や流れなどを見て行きたいと思います。

歯列矯正の治療期間は、症状によって個人差があるそうですが、マルチブラケットという装置を付けてから2〜3年くらいが一般的だそうです。
中には3年以上かかる場合もあるそうです。
治療方針によっても治療期間が大きく異なってくる為、自分の予定なども担当の医師に伝えておく必要があります。
また子供の場合の矯正治療は、歯の動きもよく、成人より比較的早くマルチブラケットの装着期が終わるそうです。
マルチブラケット装置と呼ばれる器具の後にリテーナーというものを付けるそうですが、その期間も最低でも1年、矯正期間と同じもしくはそれ以上の期間にわたって使用するのが望ましいとされています。

治療の流れは、まずやはり医院探しから始まりますが、口コミ、紹介、インターネット検索、タウンページ、ミニコミ誌の広告など様々な方法で、何件かピックアップするのが良いようです。

そしてまずは治療についての簡単な質問を電話やメールでしてみます。
スタッフの受け答えや電話の対応、返事の早さ、丁寧さなど、相談にかかる費用・時間などをチェックするのが大切なようです。

初診・相談は、医師に歯の状態を丁寧に診てもらい、分かる範囲での期間・費用に対するしっかりとした説明、どのような治療をするか説明を受けます。
疑問なども納得が行くまで相談した方が良いそうです。
聞きたい事を箇条書きでメモしていくなども良い方法だそうです。

そして診断と矯正治療の計画のために必要な検査が行われるそうです。
歯や顔の写真、歯や顎の骨のレントゲン、歯型をとるなど様々な検査が行われるようです。
一つ一つの検査が何のためのものか説明が無い場合などは確認をすると良いようです。

そして検査結果と診断の説明が行われ、矯正前の治療、抜歯を行う場合もあるそうです。

矯正治療開始になると、様々な目的の装置を付ける事になるそうです。
治療内容によって装置は様々です。
歯磨きの指導などもこの時受けます。

そしてここからはワイヤー調節をしたり、装置がきちんと付けられているか、歯がどのような動きをしているか確かめるために4週に1度ほど通院する事になるそうです。

歯が動いて歯並びが整ったら、元に戻らないようにリテーナーという保定装置を付けるそうです。
歯が新しい位置に安定するまでこの装置を付けます。
この期間も3ヶ月から6ヶ月に1度の割合で通院しチェックなどをしてもらうそうです。

最後に矯正治療が終わっても半年に一度くらいの割合で定期健診を受けるのが良いそうです。
せっかく整った歯並びや噛み合わせを維持する為にも定期健診は必要なようです。

歯列矯正長い期間のかかる治療なようですが、メリットの多くある治療です。
歯列矯正を考えている方などは1度しっかりと調べてみると良いのではと思います。


歯列矯正 費用

歯列矯正とは歯並びなどの改善を行う治療の事ですが、治療となると気になる事のひとつに治療費があるのではと思います。

歯列矯正の費用は、保険の場合以外は、自由診療と言って、各医院ごとに自由に料金設定する事ができるようです。
その料金には大きな差がありますが、だいたいの目安を知っておくと便利だと思います。

国立大学の付属病院は、日本全国どこでも同料金で、金属のブラケットという器具をつけて2年くらい治療すると、装置にもよりますが、70万円〜80万円代になるそうです。

私立大学付属病院、日本大学歯科病院の場合は、精密検査料プラス75万円以上、また別の私立大学付属病院の昭和大学歯学部附属病院では70万円プラス3000×回数分となっています。

また矯正専門の開業医は、一概には言えませんが大きく分けて2種類の料金体系があり、基本料金プラス調整量(100万円プラス5000×回数分)、治療費の総額が決まっている(120万円)などがあり、前者は治療期間の延長により料金も上がりますが、後者は治療期間と料金は関係がないそうです。

日本では歯列矯正の料金が高いと言われているそうですが、東京で表側から目立たないように治療すると100万円前後くらいになるそうです。
ではアメリカなどの歯列矯正の治療費はどうなのかというと、平均しても130万円〜150万円くらいとなっています。
実際料金を比較してみると、昔から歯列矯正の普及しているアメリカの料金と日本での料金が同じくらいかかる事などから考えると、日本での治療費は言われているほど高くはないのかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。