たるみ

たるみ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

目の下 たるみ マッサージ

目の下 たるみ マッサージ


目の下のたるみを取るためにマッサージを一生懸命にやっているという方がいらっしゃるかもしれませんが、実は、必死にマッサージをすればするほど、目の下のたるみはひどくなってしまいます。

最近、リンパマッサージなるものが流行っているから、なんて思って、目の下のたるみをマッサージしてしまってはなりません。

結論から言いますと、目の下のたるみを取るためのマッサージは、やめた方がいいでしょう。

目の下のたるみにはマッサージは適しません。

たるみをひどくさせるだけです。

では、なぜ目の下のマッサージがたるみを、さらにたるませることになるのかと言いますと、目の下の皮膚は、ものすごく薄くてデリケートなのです。

目の下の皮膚を、鏡でよく見てみて下さい。

頬や、アゴの皮膚に比べたら、薄いのが分かりますよね。

さらには、その皮膚の中に存在して、表皮を支えている真皮層のコラーゲン繊維(弾力繊維)というものがあるのですが、これらがマッサージによってブチブチと切れるように壊れてしまうのです。

通常、皮膚のターンオーバーは約1ヶ月とされていますよね。

1ヶ月で皮膚は生まれ変わるといわれています。

実際にそうなのですが、こと目の下の表皮細胞やコラーゲン繊維に関しては、そうではないんです。

実は、目の下のコラーゲン繊維は早くて2年、遅ければ5年から6年もの期間を要して再生されるのです。

ですから間違って強くマッサージをしますと、目の下の繊維は壊れ、たるみやすくなってしまうのです。

それでも気になるから、目の下をどうしても触りたいということでしたら、化粧水だけつけておいて下さい。

それで充分です。

マッサージするよりは、保湿に努めた方がいいので、保湿クリームなどをつけることをお勧めします。

目の下 たるみ 取り

目の下 たるみ 取り


目の下のたるみ取りの方法をご存知ですか?実は、目の下のたるみ取りのためには、様々な方法があるんです。

今回は、そんな目の下のたるみ取りの方法について調べてみましたので、たるみ取りの方法について解説してみたいと思います。

目の下のたるみができてしまった後で、それを完全に取り除こうと思ったら、美容整形外科での手術になってしまうでしょう。

美容整形外科で目の下のたるみを取るという手術を受ける方は、多いそうですが、たるみが気になるじゃら切って取ってしまおう、という選択をできる人はなかなかいらっしゃらないのではないでしょうか?なぜなら、まずは勇気が必要になりますね。

そして、お金が必要です。

それも半端な金額ではありません。

できれば、美容整形外科にお世話にならないで目の下のたるみ取りができないものでしょうか?実は、効果的な方法があります。

ただ、自宅でできるような目の下のたるみ取りの方法は、効果が出るまでに時間がかかります。

即効性はありません。

ですが、長く続けていくことで、少しずつ効果が出てきます。

どのような方法かといいますと、目の下のたるみを改善・解消するためには、目の周りの筋肉を鍛え、目の下のスキンケアを続けます。

まず、目の周りの筋肉を鍛えることで、筋肉が弾力性を増し、さらには脂肪の蓄積を予防しますから、目の下のたるみ取りには効果があると思われます。

そもそも、表情筋が退化することでたるみが始まりますから、鏡を見ながら、いろんな表情を作ってみることをお勧めします。

また、目の下のたるみ取りには、スキンケアが不可欠です。

皮膚の弾力を増すための保湿が必要になります。

夜、寝る前だけでもいいので、お肌を整えた後、保湿のためのローションやクリームを目の下につけて下さい。

毎日、意識的に継続することで、目の下のたるみ取りの効果が徐々に現れると思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。