しわ

しわ のページです。


==【楽天】話題の売れ筋ランキング==


当サイトのデーターは著作権法で守られています。 データの無断転載は揃く禁じます。
【 美容外科案内 】
美容外科マップ
湘南美容外科
リッツ美容外科
東京美容外科
アサミ美容外科
品川美容外科クリニック
大塚美容形成外科・歯科
聖心美容外科
城本クリニック
高須クリニック
岡崎美容外科
銀座コクリコ美容外科
精美スキンケアクリニック
さかえクリニック
クリニックビザリア
スキンクリニック

手のしわと首のシワ

手のしわと首のシワ


手のしわ

年齢をかさねてくると、お肌の調子が悪くなってきますよね。
誰しもが通る道ですが、やはりシワやシミなどができてくると気になりますよね。
特に顔は常に見える場所ですから、あまり目立つシワなどはあってほしくないですね。
私も2十代後半になってきましたが、少しずつシワが出始めています。
ケアはしているつもりでも、育児などでケアができないときもあります。
人としゃべっていても、顔のシワを見られているのではないかと少々不安になることもあります。
できるだけ保湿などのケアをするようにしています。
目の下のシワにはパックをして、その上から顔全体にパックと2重でパックをしたりしています。
アイケア専用の美容液やクリームもがんばって買っています。
しかし、ふと気づいたことがあります。
顔ばかりを気にしていましたが、手の甲などにも乾燥してかさかさになって、無残な姿になっているではありませんか。
冬なんかは特に粉をふいて白くなってしまったりしています。
ハンドクリームを塗ると言っても、家事をしているので塗っても洗い物ですぐ流されてしまったり、クリームを塗った手であちこちを触るとしもんだらけになってしまいます。
手の甲のシワはごまかせません。
でも、これも簡単なケアで予防できるようです。
自分の持っている化粧水なんかを、ティッシュにふくませて手をパックするのです。
ティッシュの指の間の部分にハサミを入れて、指にまきつけるようにパックをします。
これで何もしないよりは、効果があります。


首のシワ

シワとは色んな場所にできます。
最初は顔のシワが気になり、手の甲が気になり、首のシワが気になり。
顔のシワは、みなさんも手厚くケアをしているのではないでしょうか。
顔は一番一目につく場所ですから、気にしてあたりまえですよね。
女性である以上、奇麗でありたいと願うことは悪いことではありません。
顔の保湿をするにはパックが一番効果的です。
毎日やっていれば、かなりの効果がえられると思います。
手の甲も同じです。気がついた時にパックをしてあげるのです。
普段ハンドクリームを塗れない人には、これはかなりお勧めです。
では、首にできたシワはどうしましょう。
まず私がやっているのはマッサージです。
たとえば、化粧水を塗る時など、顔から首におろしてくる人が多いのではないでしょうか。

しかし、せっかくですから下から上へ向ってマッサージしてあげましょう。
重力と同じ方向に皮膚を下にひっぱってしまっては、たるんでいく一方です。
上向きのマッサージを心がけましょう。
そして首にも保湿が必要です。
クリームなどをたくさん塗ってあげます。
枕をすると、首にシワがよってしまいますので、なるべく枕をつかわないようにします。
そして、首にシワがよらないようにタオルを巻いて寝るようにします。
そうするとシワができにくくなるらしいです。

しわ 眼尻と口元

しわ 眼尻と口元


眼尻のしわ

眼尻のシワは表情筋によってできるようです。
眼尻に深く入ったシワはボトックス注射によって表情筋を抑制するのがメジャーになってきています。
このボトックス注射でシワをかなり改善することができるようです。
眼尻のシワを改善するには、この他にもいくつか方法があるようです。
表情筋のマッサージや、トレーニングなどはシワにとても効果があると注目されてきつつあるようです。
ボトックスは注射をしたその当日に効果を感じることができます。
つまりすぐにシワがなくなるということです。
しかし効果は半年から1年くらいなので、再度注射をしつづける必要があります。
それでもリピーターもふえつづけ、かなりの人気となっているようです。
表情筋のマッサージなどは、続けることに意味があります。
ボトックスとは違い、少々時間がかかります。
顔のシワということで、顔のマッサージだけをすればよいと思われがちですが、皮膚は体全体一枚でできているだめ、首や肩なども同じようにマッサージしてあげましょうね。
別の部分で筋肉が硬直しても、顔にも影響が出てシワになってしまうこともあるようです。
眼尻のシワは笑うとできるようで、それならばわらわらければよいと思うかもしれませんが、もしこの先笑わずにいると・・・
ほほの筋肉が退化してしまい、ほほの肉がたるんできて、まるでブルドックのようになってしまうようですよ。
それはそれで恐ろしいですよね。
人間は何かしらのシワとは付き合っていかなければならないのです。


口元のしわ

口元のシワは、かなり老けた印象にみられるようですね。
さいわい、私は口元のしわには悩まされていませんが、私の友人は若くして、そのシワになやまされていました。
化粧をしてから時間がたつと、口元にファンデーションが縦線をえがくらしいです。
薄く口元にシワがあり、時間がたつとファンデーションがそのシワによってよれるようです。

口元のシワのとりかたを書いてみます。
それはヒアルロン酸を注入すること。
これは人間の皮膚の内部にあるムコ多糖類とかいうものらしいです。
アレルギーの心配もなく、アレルギーテストも不要だとか。
化粧品などにも使用されていますよね。
ヒアルロン酸の注入は、ヒアルロン酸を真皮部分に注入し、シワの溝を埋めるものです。
注入されたヒアルロン酸は、6カ月から1年くらいで体内に吸収されるようです。
かかる費用は5万円から10万円ほどと、ちょっとお値段がします。

次はボトックス注射というものです。
ボトックスとはボツリヌス菌から生成されたタンパク質の一種のようで筋肉を収縮させシワとりする効果があるようです。
表情筋によるシワの部位に注射をすると、シワを作ってしまう筋肉の働きがやわらぎ、シワを改善することができます。
こちらも費用は5万円から10万円程度で、やはり費用がかかります。

お金をかけてばかりもいられないという人は、日常でできるシワとりの対策を紹介します。
保湿が一番重要です。
日々パックなどをして、保湿をしてあげましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。